ベントレー各モデルの車両本体価格が変更に

2020.10.30 自動車ニュース

ベントレーモーターズジャパンは2020年10月30日、ベントレー各車の2021MYモデルについて、車両本体価格を変更すると発表した。

ラインナップと新価格は以下の通り。全モデルで1.97~2.00%ほどの値上げとなっている。

  • コンチネンタルGT V8:2547万6000円
  • コンチネンタルGT V8コンバーチブル:2790万7000円
  • コンチネンタルGT:2733万5000円
  • コンチネンタルGTコンバーチブル:2999万7000円
  • コンチネンタルGT V8マリナー:3413万3000円
  • コンチネンタルGT V8マリナー コンバーチブル:3655万3000円
  • コンチネンタルGTマリナー:3511万2000円
  • コンチネンタルGTマリナー コンバーチブル:3779万6000円
  • フライングスパーV8:2256万1000円
  • フライングスパー:2720万3000円
  • ベンテイガV8:2185万7000円

(webCG)

ベントレー・コンチネンタルGTマリナー
ベントレー・コンチネンタルGTマリナー拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, フライングスパー, ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.21 試乗記 「ベントレー・ベンテイガ」の最新モデルでは、英国流のクラフトマンシップとデジタル技術が融合した、独自のラグジュアリーな空間が展開されている。最高出力635PSのW12ユニットを積んだ高性能バージョン「スピード」で、その世界に身をゆだねてみた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
ホームへ戻る