ベントレー各モデルの車両本体価格が変更に

2020.10.30 自動車ニュース

ベントレーモーターズジャパンは2020年10月30日、ベントレー各車の2021MYモデルについて、車両本体価格を変更すると発表した。

ラインナップと新価格は以下の通り。全モデルで1.97~2.00%ほどの値上げとなっている。

  • コンチネンタルGT V8:2547万6000円
  • コンチネンタルGT V8コンバーチブル:2790万7000円
  • コンチネンタルGT:2733万5000円
  • コンチネンタルGTコンバーチブル:2999万7000円
  • コンチネンタルGT V8マリナー:3413万3000円
  • コンチネンタルGT V8マリナー コンバーチブル:3655万3000円
  • コンチネンタルGTマリナー:3511万2000円
  • コンチネンタルGTマリナー コンバーチブル:3779万6000円
  • フライングスパーV8:2256万1000円
  • フライングスパー:2720万3000円
  • ベンテイガV8:2185万7000円

(webCG)

ベントレー・コンチネンタルGTマリナー
ベントレー・コンチネンタルGTマリナー拡大

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, フライングスパー, ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • ベントレー各モデルの車両本体価格が変更に 2021.4.1 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2021年4月1日、ベントレー各車の2022MYモデルについて、車両本体価格を変更すると発表した。「コンチネンタルGT V8」や「フライングスパー」などのモデルが値上げとなっている。
  • ベントレーが新型「コンチネンタルGTスピード」を発表 最高出力659PSの高性能モデル 2021.3.25 自動車ニュース ベントレーのラグジュアリークーペ「コンチネンタルGT」に高性能モデル「スピード」が登場。最高出力659PSの6リッターW12ターボエンジンを搭載しており、動力性能は0-100km/h加速が3.6秒、最高速が335km/hとアナウンスされている。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 「ベントレー・コンチネンタルGT V8」に国内限定10台の特別仕様車登場 2021.4.16 自動車ニュース 英ベントレーモーターズは2021年4月16日、「コンチネンタルGT V8」の特別仕様車「エクイノックスエディション」を発表した。ベントレーのビスポーク部門であるマリナーが仕立てた日本限定モデルであり、10台のみが販売される。
ホームへ戻る