トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載

2020.11.02 自動車ニュース
トヨタ・クラウンRS
トヨタ・クラウンRS拡大

トヨタ自動車は2020年11月2日、「クラウン」を一部改良し、販売を開始した。

 
トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載の画像拡大
 
トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載の画像拡大
 
トヨタが「クラウン」を一部改良 最新版の「Toyota Safety Sense」を搭載の画像拡大

今回は内外装の質感向上と予防安全装備の機能強化を図っている。

内装では本革シートを「RSアドバンス」「RSアドバンスFour」「G」「G Four」グレードにも採用拡大したほか、上下2画面式のインフォテインメントシステムを改め、新たに12.3インチワイドタッチスクリーンによる「T-Connect SDナビゲーションシステム」を搭載した。

外装ではRSアドバンスおよびRSアドバンスFour専用の18インチアルミホイール(スパッタリング塗装)を設定し、ホイールバリエーションを拡充。さらに、新規開発色の「プレシャスホワイトパール」「プレシャスメタル」に「エモーショナルレッドII」を加えた3色のボディーカラーを新たに設定した。

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」は最新バージョンにアップデート。体調急変などでドライバーの無操作状態が継続すると徐々に減速して自車線内に停車する「ドライバー異常時対応システム」と、AI技術によって前方カーブの大きさを推定し、ステアリングの切り始めで速度抑制を開始する、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」の“カーブ速度抑制機能”を、いずれもトヨタブランド車としては初めて採用した。衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティー」は、交差点右折時の対向直進車および右左折時の対向方向から横断する歩行者を検知対象としたほか、低速走行時に自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知して加速を抑制する“低速時加速抑制機能”と、緊急時のドライバーによる回避操舵をきっかけに操舵をアシストする“緊急時操舵回避支援機能”を追加している。また、障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏み間違いを検知すると加速を抑制する「プラスサポート」をディーラーオプションとして設定した。

価格は489万9000円から739万3000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
クラウン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る