専用デザインで内外装をドレスアップした「MINIコンバーチブル」の特別仕様車登場

2020.11.02 自動車ニュース
MINIクーパーS コンバーチブル サイドウォークエディション
MINIクーパーS コンバーチブル サイドウォークエディション拡大

BMWジャパンは2020年10月30日、「MINIコンバーチブル」に特別仕様車「Sidewalk Edition(サイドウォークエディション)」を設定し、同日に販売を開始した。

 
専用外装色となる「ディープラグナブルーメタリック」をまとった「MINIクーパーS コンバーチブル サイドウォークエディション」。
専用外装色となる「ディープラグナブルーメタリック」をまとった「MINIクーパーS コンバーチブル サイドウォークエディション」。拡大
幾何学的なデザインの「電動式3-in-1ルーフ」を採用。30㎞/hまでであれば、走行時でも開閉それぞれの動作が18秒で完了する。
幾何学的なデザインの「電動式3-in-1ルーフ」を採用。30㎞/hまでであれば、走行時でも開閉それぞれの動作が18秒で完了する。拡大
「SIDE WALK」のロゴがデザインされた専用サイドスカットルを採用。
「SIDE WALK」のロゴがデザインされた専用サイドスカットルを採用。拡大
内装は専用の「インテリアサーフェス イルミネーティッド」やドアシルプレートなどでドレスアップされている。
内装は専用の「インテリアサーフェス イルミネーティッド」やドアシルプレートなどでドレスアップされている。拡大
アンスラサイト色の「MINI Yoursレザーラウンジサイドウォーク」シートが採用された「サイドウォークエディション」。
アンスラサイト色の「MINI Yoursレザーラウンジサイドウォーク」シートが採用された「サイドウォークエディション」。拡大

今回のサイドウォークエディションは、「MINIクーパー コンバーチブル」と「MINIクーパーS コンバーチブル」をベースに設定。サイドスカットルとボンネットストライプが専用デザインになるほか、デザインプログラム「MINI Yours」によるアンスラサイト色の「レザーラウンジサイドウォーク」シートや「インテリアサーフェス イルミネーティッド」などの専用アイテムでドレスアップされている。

外装色は「ホワイトシルバーメタリック」「ミッドナイトブラックメタリック」「ムーンウォークグレーメタリック」「MINI Yoursエニグマティックブラックメタリック」に加え、同車専用色として「ディープラグナブルーメタリック」も設定されている。

サイドウォークエディションに採用される主な特別装備は下記の通り。

  • 専用ソフトトップ
  • 専用ボンネットストライプ
  • 専用17インチアロイホイール シザースポーク2トーン
  • 専用サイドスカットル
  • 専用MINI Yoursレザーラウンジサイドウォーク(アンスラサイト)
  • 専用インテリアサーフェス イルミネーティッド
  • 専用ドアシルプレート
  • ITSスポット対応ETC車載器システム内蔵自動防げんルームミラー(クーパーS標準装備)
  • harman/kardon製HiFiラウドスピーカーシステム(クーパーSのみ)
  • マルチディスプレイメーターパネル(クーパーSのみ)
  • MINIドライバーサポートデスク<有効期間:3年間>(クーパーSのみ)
  • ヘッドアップディスプレイ(クーパーSのみ)
  • クルーズコントロール(クーパーのみ)
  • Pepperパッケージ
  • Apple CarPlay/ワイヤレスパッケージ(クーパーSのみ)
  • カメラ&パーキングアシストパッケージ

価格はクーパー コンバーチブル サイドウォークエディションが461万円、クーパーS コンバーチブル サイドウォークエディションが535万円。納車は同年11月以降に予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
MINIコンバーチブル, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
ホームへ戻る