「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に3列目シートが標準装備の限定車

2020.11.13 自動車ニュース
ランドローバー・ディスカバリー スポーツ スタイル7
ランドローバー・ディスカバリー スポーツ スタイル7拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年11月13日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に特別仕様車「スタイル7」を設定し、50台の台数限定で注文受け付けを開始した。

 
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に3列目シートが標準装備の限定車の画像拡大
 
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に3列目シートが標準装備の限定車の画像拡大
 
「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に3列目シートが標準装備の限定車の画像拡大

ランドローバー・ディスカバリー スポーツ スタイル7は最高出力180PS/最大トルク430N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「ディスカバリー スポーツS D180」がベース。7人乗車が可能な折り畳み式の3列目シートや20インチの“スタイル5076”5スプリットスポークホイール(グロススパークルシルバーフィニッシュ)、プレミアムLEDヘッドライト(シグネチャー付き)に加えて、「ドライブパック」や「パークパック」といった先進ドライバー支援機能も特別装備。多用途性や安全性、快適性の強化を図っているのが特徴だ。

ボディーカラーは「バイロンブルー」(限定20台)と「アイガーグレイ」(同20台)、「ユーロンホワイト」(同10台)の3色をラインナップ。内装にはグレインレザーシートが採用されている。

上記を含む特別装備の内容は以下の通り。

  • 20インチ“スタイル5076”5スプリットスポークホイール(グロススパークルシルバーフィニッシュ)
  • プレミアムLEDヘッドライト(シグネチャーライト付き)
  • オートハイビームアシスト
  • パワーテールゲート
  • グレインレザーシート
  • 3列目シート(格納式)
  • インタラクティブドライバーディスプレイ
  • ステアリングホイール(ヒーター付き)
  • 空気イオン化テクノロジー
  • ワイヤレスデバイスチャージング
  • フロント&リア12V電源(ラゲッジスペースUSB付き)
  • ドライブパック(ハイスピードエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール)
  • パークパック(クリアイグジットモニター、パークアシスト、360°パーキングエイド、リアトラフィックモニター)

価格は695万円。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
ホームへ戻る