“ハイブリッドのトヨタ”初の量産EV 「レクサスUX300e」が少数限定販売となった理由

2020.11.25 デイリーコラム

たった135台の抽選販売

先日受注が始まった「レクサスUX300e」は、トヨタが国内販売する史上初の量産電気自動車(EV)だ。電気で走るクルマという意味なら、トヨタには量産燃料電池車の「ミライ」があるが、トヨタの量産バッテリー式EVが日本で発売されるのは今回が初である。そんな記念すべき一台が、トヨタブランドではなくレクサスで、しかも発売初年度がたった135台限定の抽選式となったことに、落胆の声があるとかないとか……。

いや、これが10年前だったなら、とやかくいわれる問題でもなかっただろう。しかし、2010年末に販売開始された日産の「リーフ」はすでに世界累計50万台に達しているし、量産EVの国内発売という意味では、トヨタはすでに三菱、日産、ホンダの後塵を拝している。それなのに、トヨタより明らかに購入のハードルが高いレクサスを名乗るうえに、台数も超限定。聞けば、レクサスの国内販売拠点は日本全国で約170店舗あるというから、初年度のUX300eは1店舗に1台も渡らない計算である。しょせんトヨタはEVに本気でないということか……とツッコミを入れられてもしかたない。

というわけで、トヨタ初の国内向け量産EVがこんなことになった理由を、その開発責任者とレクサス広報担当は次のように説明する。

「レクサスUX300eはレクサスの電動化ビジョン“Lexus Electrified”のドアオープナーとなるモデルです。EVをはじめとする先進技術や環境への関心が高いお客さまのエントリーゲートとなるモデルだと考えています。

また、現時点で生産可能なリチウムイオンバッテリーの台数を踏まえ、本年度は135台の限定販売とさせていただきました。通常の受注開始については現時点では具体的な日程をお答えできませんが、来年度の開始を予定しております」

2020年10月22日に国内導入が発表された「レクサスUX300e」。
2020年10月22日に国内導入が発表された「レクサスUX300e」。拡大
レクサスの電動化ビジョン“Lexus Electrified”のドアオープナーとして導入される「UX300e」。電動化技術でリードしてきたレクサスならではの走りが楽しめるという。
レクサスの電動化ビジョン“Lexus Electrified”のドアオープナーとして導入される「UX300e」。電動化技術でリードしてきたレクサスならではの走りが楽しめるという。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事