SUVルックが特徴の「アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション」発売

2020.11.24 自動車ニュース
アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション
アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション拡大

アウディ ジャパンは2020年11月24日、コンパクトハッチバック「アウディA1スポーツバック」をベースとする「A1 citycarver limited edition(シティーカーバー リミテッドエディション)」を発表。同日、250台の台数限定で発売した。

 
SUVルックが特徴の「アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション」発売の画像拡大
 
SUVルックが特徴の「アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション」発売の画像拡大
 
SUVルックが特徴の「アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション」発売の画像拡大
 
SUVルックが特徴の「アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション」発売の画像拡大

A1シティーカーバー リミテッドエディションは、都市や高速道路の走行だけでなく、アウトドアレジャーを含む幅広い用途に対応できるというクロスオーバーモデル。「A4オールロードクワトロ」のような、SUVライクなアレンジがポイントとなっている。

外装は、A1スポーツバックのもの(六角形)とは異なる八角形のシングルフレームグリルやコントラストルーフ、ブラックアピアランスパッケージなどによるドレスアップが特徴。ホイールハウスはブラックで縁取られ、専用17インチアルミホイールが組み合わされる。

最低地上高は標準的なA1スポーツバックに比べ40mmアップ。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4050×1755×1485mmと、A1スポーツバックに対して15mm幅広く、50mm高くなっている(全長は同じ)。

一方内装については、S lineインテリアプラスパッケージやナビゲーションパッケージ、コンビニエンスパッケージ、センターアームレストなどを装着。運転支援システムのアシスタンスパッケージも備わるなど、装備の充実がセリングポイントとなっている。

1リッター直3ターボエンジンは、「A1 25 TFSI」に搭載されるもの(最高出力は95PS、最大トルクは175N・m)を21PSと25N・m上回る、同116PS、同200N・mを発生。トランスミッションは7段ATで、駆動方式はFFのみとなっている。WLTCモードの燃費値は15.3km/リッター。こちらもA1 25 TFSIの値(15.2km/リッター)より0.1ポイント良好だ。

A1シティーカーバー リミテッドエディションの価格は483万円。ボディーカラーは「ミサノレッドパールエフェクト」と「アローグレーパールエフェクト」、「パイソンイエローメタリック」の3色から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
A1, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る