マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデート

2020.12.03 自動車ニュース
マツダCX-8 XDエクスクルーシブモード
マツダCX-8 XDエクスクルーシブモード拡大

マツダは2020年12月3日、クロスオーバーモデル「CX-8」に一部改良を実施し、同年12月17日に発売すると発表した。

 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大
 
マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデートの画像拡大

デビューから3年を機に商品性をアップ

CX-8は2017年9月に発表、同年12月に発売された3列シートの大型クロスオーバーモデルである。今回の改良では、国内におけるマツダ製SUVのフラッグシップとして、魅力にさらに磨きをかけるべく、走り、装備、デザインと、全方位的に手が加えられた。

走行性能に関する点では、2.2リッターディーゼルターボエンジン「スカイアクティブD 2.2」の最高出力を190PS(140kW)/4500rpmから200PS(147kW)/4000rpmに向上させたほか、アクセルペダルの操作力を最適化。同エンジンが発生する大トルクを、より緻密に、意のままにコントロールできるよう改善を図った。

また2.5リッターターボ車を除き、スロットル操作に対する6段ATの応答性を向上。素早くアクセルを踏み込んだ際には「ドライバーは早く加速をしたい」とクルマが判断し、これまでより素早く変速を行うことで、より高い加速力を発揮するようになったという。

「マツダ3」に続いてコネクテッドサービスを導入

装備については、テールゲートの電動開閉機能に、リアバンパー中央下部に足を出し入れするとゲートが自動で開閉するハンズフリー機能をマツダ車として初採用したほか、フロントのセンターコンソールに、スマートフォンを置くだけで充電可能なQi規格対応のワイヤレスチャージャーを設定した。インフォテインメントシステム「マツダコネクト」などに用いるセンターディスプレイも、従来の8インチから、仕様に応じて8.8インチないし10.25インチへとサイズを大型化している。

また、マツダコネクト自体も高精細・多機能な新世代のものに移行させたほか、全車に車載通信機を標準で搭載。これらを用いたコネクテッドサービスを新たに導入した。マツダ車のコネクテッドサービス採用は、「マツダ3」に続いてこれが2例目のことで、CX-8と同日に改良が発表された「CX-5」にも同様のシステムを設定。マツダはスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携や、緊急通報サービスの提供などにより、24時間さまざまな場面でユーザーをサポートするとしている。

このほかにも、360°ビューモニターを全グレードで標準装備化。利便性の向上を図っている。

最上級グレードを他のラインナップと差別化

デザインに関しては上級グレードを中心に手を加えており、「Lパッケージ」「エクスクルーシブモード」および「100周年特別記念車」において、フロントグリルの意匠を変更するとともに、新外板色「プラチナクォーツメタリック」を採用した。

さらに、最上級グレードのエクスクルーシブモードでは、19インチアルミホイールを同車専用デザインとするとともに、フロントバンパー下部にメッキのガーニッシュを追加。テールパイプの形状も、円形からワイドな楕円(だえん)形に変更した。インテリアにおいても、サイドの表皮にキルティングを施すなどレザーシートの意匠を変更。ラインナップの拡充も図っており、既存の6人乗り仕様に加えて、下位グレードと同じく2列目ベンチシートの7人乗り仕様を追加設定している(16万5000円安)。さらに内装色の設定も変更しており、エクスクルーシブモードには「オーバーン」(赤みがかったブラウン)を追加。Lパッケージには「ブラック」と「レッド」を新採用した。

価格は「25S」(FF)の299万4200円から、「XD 100周年特別記念車」(4WD)および「25T 100周年特別記念車」(4WD)の510万9500円まで。発売は既述の通り2020年12月17日だが、Lパッケージ、エクスクルーシブモード、100周年特別記念車については2021年2月の予定となっている。

(webCG)

デザインに手が加わった「マツダCX-8エクスクルーシブモード」の詳細な写真はこちら

関連キーワード:
CX-8, マツダ, 自動車ニュース

マツダ CX-8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XDエクスクルーシブモード 2020.12.3 画像・写真 マツダが、国内におけるSUV商品群のフラッグシップを担う「CX-8」を一部改良。特に最上級グレード「エクスクルーシブモード」については、より上質感を追求するべく内外装のデザインにも手を加えたという。魅力を増したCX-8の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」を改良 全方位的にアップデート 2020.12.3 自動車ニュース マツダが3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」に一部改良を実施。2.2リッターディーゼルモデルを中心に走行性能を向上させたほか、上級グレードの内外装デザインも一部を変更。装備も拡充しており、コネクテッドサービスを新たに導入した。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
ホームへ戻る