フォルクスワーゲンが次世代インフォテインメントシステム「ウィーコネクト」を「Tロック」に搭載

2020.12.04 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年12月4日、コンパクトクロスオーバーSUV「Tロック」に一部仕様変更を施し、同日販売を開始した。

Tロックは、同年7 月に導入されたフォルクスワーゲン(VW)のCセグメントSUV。先に導入されたSUV「ティグアン」と、コンパクトSUV「T-Cross(Tクロス)」のちょうど中間に位置するボディーサイズとなる。

今回の仕様変更は、同日に発表されたTクロスの一部改良モデルと同じく、電子デバイスの充実を中心に実施された。具体的には、最新世代のインフォテインメントシステム「Discover Media(ディスカバーメディア)」を「TDIスタイル デザインパッケージ」以上のグレードに標準装備し、常時接続の新世代インフォテインメントシステム「We Connect(ウィーコネクト)」を組み込むことで、“コネクティッドサービス”が利用可能になった。

ウィーコネクトは、車両のドアやトランクの開錠・施錠をスマートフォンの専用アプリ上で操作できる「ドアロック&アンロック」や、車両故障の際などにロードサイドアシスタンスコールセンターに位置や車両情報を自動通知し、オペレーターと通話できる「ブレークダウンコール」、GPS機能により自車の駐車位置を地図上に表示し、その場所までの最短距離を表示することができる「駐車位置」などといった多彩な機能を備えている。

また、最新モデルではエンブレムの意匠変更も行われている。

価格は「TDIスタイル デザインパッケージ」が404万9000円、「TDIスポーツ」が418万9000円、「TDI Rライン」が452万9000円。

(webCG)

フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン
フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン拡大

関連キーワード:
Tロック, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • 「フォルクスワーゲンTクロス」が一部仕様変更 常時接続のインフォテインメントシステムを搭載 2020.12.4 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年12月4日、コンパクトSUV「Tクロス」の一部仕様変更を実施。フォルクスワーゲン車として日本初となる常時接続のインフォテインメントシステム「We Connect(ウィーコネクト)」を搭載した。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
ホームへ戻る