世界限定18台! 「アストンマーティンDBXボウモアエディション」登場

2020.12.08 自動車ニュース
アストンマーティンDBXボウモアエディション
アストンマーティンDBXボウモアエディション拡大

英アストンマーティンは2020年12月7日(現地時間)、ハイパフォーマンスSUV「DBX」の特別仕様車「Bowmore(ボウモア)エディション」を発表した。世界限定18台のみが販売される。

 
世界限定18台! 「アストンマーティンDBXボウモアエディション」登場の画像拡大
 
世界限定18台! 「アストンマーティンDBXボウモアエディション」登場の画像拡大
 
世界限定18台! 「アストンマーティンDBXボウモアエディション」登場の画像拡大
 
世界限定18台! 「アストンマーティンDBXボウモアエディション」登場の画像拡大
 
世界限定18台! 「アストンマーティンDBXボウモアエディション」登場の画像拡大

アストンマーティンDBXボウモアエディションは、アストンマーティンと、スコットランドのアイラ島にあるシングルモルトウイスキー蒸留所であるボウモアとのコラボレーションによって生み出されたスペシャルモデルである。英国の2つの伝統的ブランドのパートナーシップを祝い、アストンのパーソナライゼーション部門であるQ byアストンマーティンが製作を担当する。

ボディーカラーには長い歴史を誇るアストンのカラーアーカイブの中からこのモデル専用に復活させたという「ボウモアブルー」が用意されるのがトピックだ(その他の色も選択可能)。サイドストレーキにはボウモアの伝統に敬意を表したというコッパーインレイがアクセントとして添えられる。

内装色は「オブシディアン」のモノトーンおよび「コッパータンメタリック×オブシディアン」のデュオトーンの2タイプを設定。どちらをチョイスした場合でも、アイラ島のもうひとつの売りであるボウモアツイードのアクセントが施される。さらに、研磨仕上げの銅製カップホルダーやボウモアの蒸留器からリサイクルした銅でつくられたシルプレート、銅箔(どうはく)が貼られたセンターコンソールトリムを採用するほか、ボウモアツイード製のピクニックブランケットやレザー製旅行かばんなどが付属する。

DBXボウモアエディションを購入した18人のオーナーはスコットランドで開催されるイベント「アストンマーティンアートオブリビング」に招待される。自らが注文したDBXボウモアエディションとのエジンバラでの対面などを経たのちにアイラ島へ渡航。英国王室向けなどの最高級スコッチを提供してきた世界最古の成熟庫「No.1 Vaults(第1貯蔵庫)」への入室が特別に許可される。

DBXボウモアエディションはすでにオーダー受け付けが始まっており、納車は2021年第4四半期となる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
DBX, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
ホームへ戻る