あのハーレーまでモーター駆動に!? これから二輪の電動化は進むのか?

2020.12.11 デイリーコラム

「ホンダe」は惜しかった

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021」の受賞車が新型「スバル・レヴォーグ」に決まったとのこと。おめでとうございます。

さて、カー・オブ・ザ・イヤーとは縁もゆかりもない筆者ですが、今年最も興味を引かれた一台が「ホンダe」。言わずと知れた、ホンダが初めて本格的に手がけたピュアEVだ。モーターで走るクルマが増えたためか、最近ではバッテリーの頭文字を取ってBEVと呼ばれることも多い。

生産から廃棄までの自動車ライフを考えると、本当にEVが環境に優しいかどうかはともかく、モビリティー電動化の波が押し寄せるなか、技術的なキモがバッテリーにあることを否定する人はいないだろう。電池そのものの飛躍的な性能向上が待たれる一方、いまそこにある課題は「いかに充電時間を短縮するか」である。

航続距離を捨て街乗りに特化したホンダeについて、500万円に届こうかという価格も含めて言いたいことはいろいろあるが、なかでも無責任なやじ馬の立場から「残念だなァ」と感じたのが、その充電方式だ。普通または急速充電器からコードを伸ばしてコネクターを給電口に挿すという、ごく一般的な充電方法“しか”用意されなかった。

ホンダ初の量産型EV「ホンダe」。モーター駆動のシティーコミュ―ターとしての生い立ちはもちろん、そのデザインも注目を集めている。
ホンダ初の量産型EV「ホンダe」。モーター駆動のシティーコミュ―ターとしての生い立ちはもちろん、そのデザインも注目を集めている。拡大
「ホンダe」はインテリアも特徴的。インストゥルメントパネルいっぱいに広がる液晶画面をはじめ、充電中など車内に長時間待機することがあっても楽しめる空間づくりが追求されている。
「ホンダe」はインテリアも特徴的。インストゥルメントパネルいっぱいに広がる液晶画面をはじめ、充電中など車内に長時間待機することがあっても楽しめる空間づくりが追求されている。拡大
こちらは2020-2021年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した新型「スバル・レヴォーグ」。いまのところ、電動モデルのラインナップについてはアナウンスされていない。
こちらは2020-2021年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した新型「スバル・レヴォーグ」。いまのところ、電動モデルのラインナップについてはアナウンスされていない。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事