ホンダは将来、電力供給会社になる!?
EV普及の革命児「Honda Mobile Power Pack」に注目

2019.07.12 デイリーコラム

イメージの描けるEV構想

ホンダのこれからの企業姿勢、最新技術、近未来のモビリティーなどをメディアに紹介する「Honda Meeting 2019」が、埼玉県和光市のホンダ技術研究所で開かれた。

同社の「2030年ビジョン」「カーボンフリーテクノロジー」「交通事故ゼロ社会の実現に向けて」といったトピックが並ぶなか、個人的に最も興味を引かれたのが、モビリティーの電動化に焦点を当てた「Honda eMaaS・コネクテッドサービス」についてだった。なぜなら「そこにモノがあった」から。

抽象化された高度な思考が苦手なリポーター(←ワタシです)にとって、小型ロボット「P.A.T.H.Bot」、小型電動キャリアーの汎用プラットフォームの活用例「3E-B18/3E-C18」、シニアカー「ESMOコンセプト」、電動スクーター「PCXエレクトリック」など、具体的なプロダクトをじかに見られるのはうれしい。

ホンダとしては、再生可能エネルギーを用いた循環型の、持続可能な社会システム「Honda eMaaS」を構想しているのだが、そうした“大きなハナシ”は、Honda Meeting 2019全体の内容とともに、別の機会に報告させてください。今回は、より卑近な(!?)「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」について。

「Honda eMaaSシステム」のイメージ。「再生可能エネルギー」には気象条件次第で変動してしまうという弱点があるが、これを個々の輸送機器のバッテリーに分散・貯蔵し統合管理することで、社会全体のエネルギー平準化を実現する。
「Honda eMaaSシステム」のイメージ。「再生可能エネルギー」には気象条件次第で変動してしまうという弱点があるが、これを個々の輸送機器のバッテリーに分散・貯蔵し統合管理することで、社会全体のエネルギー平準化を実現する。拡大

2020年に欧州で発売される予定の「ホンダe」(写真はプロトタイプ)。充放電対応型のピュアEVで、「Honda eMaaSシステム」の要素となることが期待されている。


	2020年に欧州で発売される予定の「ホンダe」(写真はプロトタイプ)。充放電対応型のピュアEVで、「Honda eMaaSシステム」の要素となることが期待されている。
	拡大
電動パーソナルモビリティー「ESMOコンセプト」。電動車いす「モンパルML200」のパーツを流用しながらも、幅広い年齢層に支持されそうな、クールなデザインに仕立てられている。
電動パーソナルモビリティー「ESMOコンセプト」。電動車いす「モンパルML200」のパーツを流用しながらも、幅広い年齢層に支持されそうな、クールなデザインに仕立てられている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事