絶えては復活の40年
「ヤマハSR」に見るご長寿バイクの環境問題

2019.02.08 デイリーコラム

変わらぬ“儀式”に感激

「ヤマハSR400」のシートにまたがって、ボディー右サイドにあるキックペダルを引き出す。クラッチレバーの下にあるデコンプレバーを軽く握りながらキックペダルを動かして、「スゥゥッ」とレバーが軽くなったら準備OK。キーがONに、ギアがニュートラルに入っていることを確認して、キックペダルを踏み抜く。と、ト、ト、トトトトト……と単気筒エンジンが目を覚ます。

「いまどきキックでエンジンをかけるバイクも珍しいよなァ」とおかしく思いながらも、そんなSR400が現行モデルとして販売されていることがうれしい。ボディーカラーには「ヤマハブラック」と「グレーイッシュブルーメタリック」の2種類が用意され、いずれも57万2400円のプライスタグが付く。

ヤマハSR400は、いまさら説明する必要もないとは思うが、1978年から続く、同社を代表する一台。399ccの空冷単気筒エンジンを積む。70年代に、ダートトラックやラリーレイドで活躍した「ヤマハXT500」からの流れをくむパワーユニットで、最近では新しい排ガス規制が施行されるたび生産中止の瀬戸際に……というか、実際に販売を中断しながらも、毎回、熱烈なSRファンのラブコールとエンジニアの方々の頑張りによってカムバックを果たしてきた。

四輪車の排ガスが1960年代から問題視されてきたのに比べ、バイクと排ガス規制の歴史は意外と新しい。最初に施行されたのが1998年。この規制を機に、「ホンダNSR250R」や「ヤマハTZR250」といった2ストロークマシンが姿を消した。

ヤマハを代表するロングセラーモデル「SR400」。1978年にデビューして以来、排ガス規制による生産終了と復活を繰り返しつつ、およそ40年にわたって販売されてきた。
ヤマハを代表するロングセラーモデル「SR400」。1978年にデビューして以来、排ガス規制による生産終了と復活を繰り返しつつ、およそ40年にわたって販売されてきた。拡大
「SR400」には、ライダーが自らの足を使って始動(キックスタート)させるためのペダルが備わる。逆に、エレクトリックスターターは利用不可となっている。
「SR400」には、ライダーが自らの足を使って始動(キックスタート)させるためのペダルが備わる。逆に、エレクトリックスターターは利用不可となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.15 試乗記 デカくて重いアドベンチャーツアラーに対する、強烈なアンチテーゼ。ヤマハがリリースした“中量級”のニューモデル「テネレ700」は、シンプルでありながらも、「オフロードバイクはこれでいい」とライダーをうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • KTM 790アドベンチャー(MR/6MT)/790アドベンチャーR(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.27 試乗記 人気の“アンダー1000”クラスに加わった、KTMの新型モーターサイクル「790アドベンチャー」。その造りと走りは、ダカールラリー18連覇を成し遂げた強豪ブランドの実力を感じさせるものだった。
ホームへ戻る