「DS 3クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」発売

2021.01.06 自動車ニュース
DS 3クロスバック パフォーマンスライン
DS 3クロスバック パフォーマンスライン拡大

グループPSAジャパンは2021年1月6日、DSブランドのコンパクトSUV「DS 3クロスバック」に特別仕様車「パフォーマンスライン」を設定し、販売を開始した。

※日本仕様は右ハンドル
※日本仕様は右ハンドル拡大
 
「DS 3クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」発売の画像拡大
 
「DS 3クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」発売の画像拡大

DS 3クロスバック パフォーマンスラインは、パワフルなエンジンに加えて、2019年、2020年とフォーミュラEでチーム&ドライバーのダブルタイトルを獲得したDS TECHEETAH Formula Eチームにインスパイアされたという内外装を特徴とするスポーティーモデルである。

搭載される1.2リッター直3ターボエンジンはベースモデルよりも25PSと10N・m強力な最高出力155PS/5500rpm、最大トルク240N・m/1750rpmを発生。エンジンマッピングを変更しただけでなく、ターボチャージャーやインジェクター、排気バルブ、コンロッドベアリングなどが専用パーツとなっている。

外装ではフロントグリルのDSウイングをマットブラックに、リアガーニッシュをブリリアントブラックに仕上げたほか、オニキスブラックの18インチ“MONZA”ホイールを採用。異なる質感と表情をみせる黒を組み合わせ、スポーティーでありながらエレガンスを感じさせる仕上がりとしている。ボディーカラーは「グリプラチナム/ノアールペルラネラ」と「ブランパールナクレ/ノアールペルラネラ」の全2タイプ。

内装にはダッシュボードやドアトリム、シートサイドにアルカンターラをあしらい、レーシーな雰囲気にアレンジ。ステアリングホイールとダッシュボード、ドアトリムのステッチをパフォーマンスラインのイメージカラーである「カルマン」(カーマインレッド)と「ゴールド」に統一し、特別感を演出している。

先進運転支援システムなどの内容は、カタログモデルの上位グレードである「グランシック」に準拠。アダプティブクルーズコントロールやトラフィックジャムアシスト、ブラインドスポットモニターなどを標準装備する。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • エクスクルーシブバッジ(ボンネット/テールゲート)
  • マットブラックDSウイング
  • ブリリアントブラックリアガーニッシュ
  • 「PERFORMANCE Line」エンブレム(フロントドア/ダッシュボード)
  • アルカンターラ/テップレザー/ファブリックシート
  • アルカンターラダッシュボード/ドアトリム
  • 専用ステッチ(カルマン&ゴールド)
  • パーフォレーテッド加工革巻きステアリングホイール
  • ブラックシーリングカラー
  • フロントドアステップガード
  • アルミペダル
  • フロアマット
  • 18インチオニキスブラックアロイホイール
  • Focal HiFiオーディオシステム
  • DSコネクテッドパイロット
  • DSアクティブLEDビジョン

価格は436万円。ペイントオプション価格も含まれている。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 3クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
  • シトロエンの「C3」「ベルランゴ」が価格改定 製造原価上昇のため 2021.4.30 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年4月30日、同年5月1日付でシトロエンの「C3」および「ベルランゴ」の車両本体価格を改定すると発表した。製造原価の上昇を理由に、C3は1万1000円~1万3000円の、ベルランゴは1万6000円~1万8000円の値上げとなっている。
ホームへ戻る