「DS 3クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」発売

2021.01.06 自動車ニュース
DS 3クロスバック パフォーマンスライン
DS 3クロスバック パフォーマンスライン拡大

グループPSAジャパンは2021年1月6日、DSブランドのコンパクトSUV「DS 3クロスバック」に特別仕様車「パフォーマンスライン」を設定し、販売を開始した。

※日本仕様は右ハンドル
※日本仕様は右ハンドル拡大
 
「DS 3クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」発売の画像拡大
 
「DS 3クロスバック」の特別仕様車「パフォーマンスライン」発売の画像拡大

DS 3クロスバック パフォーマンスラインは、パワフルなエンジンに加えて、2019年、2020年とフォーミュラEでチーム&ドライバーのダブルタイトルを獲得したDS TECHEETAH Formula Eチームにインスパイアされたという内外装を特徴とするスポーティーモデルである。

搭載される1.2リッター直3ターボエンジンはベースモデルよりも25PSと10N・m強力な最高出力155PS/5500rpm、最大トルク240N・m/1750rpmを発生。エンジンマッピングを変更しただけでなく、ターボチャージャーやインジェクター、排気バルブ、コンロッドベアリングなどが専用パーツとなっている。

外装ではフロントグリルのDSウイングをマットブラックに、リアガーニッシュをブリリアントブラックに仕上げたほか、オニキスブラックの18インチ“MONZA”ホイールを採用。異なる質感と表情をみせる黒を組み合わせ、スポーティーでありながらエレガンスを感じさせる仕上がりとしている。ボディーカラーは「グリプラチナム/ノアールペルラネラ」と「ブランパールナクレ/ノアールペルラネラ」の全2タイプ。

内装にはダッシュボードやドアトリム、シートサイドにアルカンターラをあしらい、レーシーな雰囲気にアレンジ。ステアリングホイールとダッシュボード、ドアトリムのステッチをパフォーマンスラインのイメージカラーである「カルマン」(カーマインレッド)と「ゴールド」に統一し、特別感を演出している。

先進運転支援システムなどの内容は、カタログモデルの上位グレードである「グランシック」に準拠。アダプティブクルーズコントロールやトラフィックジャムアシスト、ブラインドスポットモニターなどを標準装備する。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • エクスクルーシブバッジ(ボンネット/テールゲート)
  • マットブラックDSウイング
  • ブリリアントブラックリアガーニッシュ
  • 「PERFORMANCE Line」エンブレム(フロントドア/ダッシュボード)
  • アルカンターラ/テップレザー/ファブリックシート
  • アルカンターラダッシュボード/ドアトリム
  • 専用ステッチ(カルマン&ゴールド)
  • パーフォレーテッド加工革巻きステアリングホイール
  • ブラックシーリングカラー
  • フロントドアステップガード
  • アルミペダル
  • フロアマット
  • 18インチオニキスブラックアロイホイール
  • Focal HiFiオーディオシステム
  • DSコネクテッドパイロット
  • DSアクティブLEDビジョン

価格は436万円。ペイントオプション価格も含まれている。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 3クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+/318iツーリング【試乗記】 2020.12.19 試乗記 クルマの本質は“素”のモデルにこそにじみ出る! 「218d」と「318i」、すなわち「2シリーズ グランクーペ」と「3シリーズ ツーリング」のエントリーグレードに試乗し、入門用BMWの実力をテストした。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
ホームへ戻る