「アバルト695アンノデルトーロ」発売 「丑の年」を名乗る20台限定モデル

2021.01.14 自動車ニュース
アバルト695アンノデルトーロ
アバルト695アンノデルトーロ拡大

FCAジャパンは2021年1月14日、「アバルト595コンペティツィオーネ」をベースとした限定車「アバルト695 Anno del Toro(アンノデルトーロ)」を設定し、予約注文受け付けを開始した。限定台数は20台。

 
「アバルト695アンノデルトーロ」発売 「丑の年」を名乗る20台限定モデルの画像拡大
 
「アバルト695アンノデルトーロ」発売 「丑の年」を名乗る20台限定モデルの画像拡大
 
「アバルト695アンノデルトーロ」発売 「丑の年」を名乗る20台限定モデルの画像拡大
 
「アバルト695アンノデルトーロ」発売 「丑の年」を名乗る20台限定モデルの画像拡大
 
「アバルト695アンノデルトーロ」発売 「丑の年」を名乗る20台限定モデルの画像拡大

アバルト695アンノデルトーロのベースは最高出力180PSの1.4リッター直4ターボエンジンを搭載した「595コンペティツィオーネ」の左ハンドル・5段MT仕様。車名の「Anno del Toro」はイタリア語で「丑の年」を意味している。

エクステリアにおける最大の特徴はリアに備わった大型のルーフスポイラーだ。走行中に車体を安定させる効果を生み出すこのスポイラーは、「フィアット600」をベースに仕立てられた1960年代のコンペティションモデル「フィアット・アバルト1000TCR」からインスピレーションを受け、そこに現代的な解釈を加えたものだという。60度の範囲で角度調整が可能となっており、ダウンフォースの強弱を設定できる。

ボディーカラーは専用色の「ブルーポディオ」を採用し、ルーフにはチェッカードパターンをあしらった。オーバーフェンダーやサイドシルをグレーとすることでコンペティションモデルの雰囲気を演出したほか、車体前後のエンブレムおよびホイールセンターキャップ&ステアリングホイールのロゴバッジはビンテージタイプとしている。

足まわりには12スポークの17インチアルミホイールを装着。さらに、フロントにはコーナー立ち上がり時の加速力を向上させるメカニカルLSDを装備する。

価格は429万円。

(webCG)

関連キーワード:
595コンペティツィオーネ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595コンペティツィオーネ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る