「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売

2011.04.19 自動車ニュース

「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売

日産自動車は、「GT-R」に2011年バージョンアップキットを設定し、2011年5月1日に発売する。

今回発売される2011年バージョンアップキットは、2010年モデル以前の「GT-R」を対象に設定されたアップデートメニューのひとつ。

ブレーキシステムやサスペンションシステムといった、走りに直結するパーツをセットにした「Aキット」と、4灯同時点灯を可能にしたリヤコンビネーションランプ(テールランプ及びブレーキランプ)や2011年モデルに採用されたカーボン製クラスターフィニッシャー、新デザインのダイヤルスイッチなどドレスアップパーツをセットにした「Bキット」の2種類を用意。

装着車両が車両保証期間内であれば、Aキットは5年間、Bキットは3年間の車両保証が適用される。車両保証期間を過ぎている場合は、いずれも1年間の部品保証が適用となる。

2011年バージョンアップキットは、日産ハイパフォーマンスセンター及び「日産GT−R」特約サービス工場において、2012年3月末までの期間限定で販売される。

価格は、モデル年式によって異なり、Aキットは、25万6200円から102万3750円(取り付け工賃、付帯作業部品代別)。Bキットは、一律13万1250円(取り付け工賃、付帯作業部品代別)。

(webCG ワタナベ)

「GT-R」の2011年バージョンアップキット発売の画像 拡大
「GT-R」の開発ドライバー鈴木利男がプロデュースする、ノルドリンクブランドのショックアブソーバー(ビルシュタイン製)
「GT-R」の開発ドライバー鈴木利男がプロデュースする、ノルドリンクブランドのショックアブソーバー(ビルシュタイン製) 拡大
ø390のフロントブレーキシステム 。
ø390のフロントブレーキシステム 。 拡大
4灯同時点灯可能となる、リアコンビネーションランプアッセンブリー。
4灯同時点灯可能となる、リアコンビネーションランプアッセンブリー。 拡大
カーボン製クラスターフィニッシャー
カーボン製クラスターフィニッシャー 拡大

関連キーワード:
GT-R, 日産, カーナビ/オーディオ/パーツ, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ランボルギーニのV12ハイブリッドオープンモデル「シアン ロードスター」登場 2020.7.9 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2020年7月8日(現地時間)、同社初となる市販V12ハイブリッドスーパーカー「Sián(シアン)FKP 37」のオープンモデル「シアン ロードスター」を発表した。台数19台の限定生産で、すでに全車完売となっている。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2018.10.15 画像・写真 「日産GT-R」とイタルデザインがそれぞれ50周年を迎えることを記念して製作された「日産GT-R50 by Italdesign」。同車が日産・銀座にある日産のブランド発進施設NISSAN CROSSINGで一般公開されている。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る