トヨタがハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良 運転支援システムを大幅に強化

2021.02.02 自動車ニュース
トヨタ・カムリWS“レザーパッケージ”
トヨタ・カムリWS“レザーパッケージ”拡大

トヨタ自動車は2021年2月1日、ミドルサイズセダン「カムリ」に一部改良を実施し、同日、販売を開始した。

カムリWS“レザーパッケージ”
カムリWS“レザーパッケージ”拡大
 
トヨタがハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良 運転支援システムを大幅に強化の画像拡大
カムリG“レザーパッケージ”
カムリG“レザーパッケージ”拡大
 
トヨタがハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良 運転支援システムを大幅に強化の画像拡大
カムリG
カムリG拡大

トヨタ・カムリはハイブリッドのパワートレインを搭載した4ドアセダンである。スタンダードな仕様とスポーティーな「WS」の2種類のデザインが用意されており、今回の改良では両モデルの一層の差別化が図られている。

エクステリアでは、フロントバンパーや、ヘッドランプとリアコンビネーションランプの加飾、フロントロワグリル、アルミホイールなどのデザインを変更。ボディーカラーの設定も見直し、新規設定色の「プレシャスメタル」をはじめとするモノトーン5種類、ツートン2種類のラインナップとした。

一方、インテリアではインストゥルメントパネルの装飾に手を加えたほか、標準装備のディスプレイオーディオを8インチから9インチへサイズアップしている。

装備の強化も図っており、「X」を除く全グレードにパノラミックビューモニターをオプション設定。運転支援・予防安全システム「Toyota Safety Sense」に新機能として「レーントレーシングアシスト」を追加したほか、新たに「ドライバー異常時対応システム」を採用した。さらに前走車追従機能付きクルーズコントロールには、「カーブ速度抑制機能」を追加。自動緊急ブレーキは、夜間の歩行者や昼間の自転車運転者、交差点右折時の対向直進車、右左折時の対向方向から来る歩行者も検知可能とし、新たに緊急時操舵支援機能、低速時加速抑制機能を追加している。

価格は348万5000円から467万2000円。

(webCG)

関連キーワード:
カムリ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カムリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • トヨタ・カムリ 2017.7.10 画像・写真 トヨタのグローバルセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。2017年7月10日に発売された。「BEAUTIFUL MONSTER」をテーマに開発された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • トヨタ・カムリ ハイブリッド“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.11.12 試乗記 マイナーチェンジを受けてデザインを一新、安全装備も充実したトヨタのハイブリッドセダン「カムリ」。最上級グレードで、その魅力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
ホームへ戻る