「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載

2021.02.08 自動車ニュース
「アウディQ5アドバンスト」(写真左)と「Q5 Sライン」(同右)。
「アウディQ5アドバンスト」(写真左)と「Q5 Sライン」(同右)。拡大

アウディ ジャパンは2021年2月8日、ミドルサイズSUV「Q5」の改良モデルを導入し、同年3月8日に発売すると発表した。

 
「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
 
「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載の画像拡大
「Q5 Sライン」のインテリア。
「Q5 Sライン」のインテリア。拡大

Qシリーズのデザイン言語が進化

今回はエクステリアデザインの変更に加えて、グレード構成の見直しやパワートレインのアップデートも行っている。

エクステリアデザインではアウディのSUV「Q」シリーズのデザイン言語を進化させ、パワーと堅ろう性、安全性を力強く表現。八角形のシングルフレームグリルをよりフラットで幅広い形状に変更したほか、開口部を広げたサイドインテークには台形をモチーフとしたデザインを新たに採用。LEDヘッドランプの上部には新しいライトシグネチャーを備えたデイタイムランニングライトを組み込んでいる。サイドビューではシルインサートの形状を見直すことでより軽快な印象を表現。リアまわりでは新デザインのライトや左右のライト間を結ぶトリムエレメントが新しい。

グレードラインナップは新たに「アドバンスト」および「Sライン」の2つに整理。アドバンストは「Q8」と同じグリッド形状のフロントグリルにマットアルミルックの垂直ラインをレイアウト。一方のSラインはよりスポーティーなハニカムメッシュグリルを採用し、前後のLEDライトにはダイナミックインジケーターを装備。Sルーフスポイラーも備えている。さらに、Sラインの要素を加えてより魅力を高めるオプションの「プラスパッケージ」をアドバンスト向けに設定。アウディエクスクルーシブによる「ブラックスタイリングパッケージ」は全車にオプション設定している。

インテリアには最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を採用。10.1インチに拡大したセンタースクリーンはタッチ操作に対応し、操作性の向上とともによりシンプルでクリーンなコックピットデザインを実現した。「ヘイ、アウディ」の掛け声をトリガーに起動する音声認識システムも搭載し、自然な呼びかけによってナビゲーションの目的地入力やエアコンの温度設定ができる。

パワーユニットは最高出力204PS/最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンおよび同249PS/同370N・mの2リッター直4ガソリンターボエンジンの2本立て。いずれもベルト駆動式オルタネータースターターと12Vリチウムイオンバッテリーを使ったマイルドハイブリッドシステムが組み込まれている。変速機は7段のデュアルクラッチ式AT「Sトロニック」。駆動方式は「AWDクラッチ」付きの「クワトロ」4WDシステムで、システムが4WD走行を不要と判断するとAWDクラッチがプロペラシャフトを、リアデフ内のデカップリングクラッチがリアドライブシャフトをそれぞれ切り離し、前輪にのみトルクを配分。コースティング走行時にはエンジンを完全停止するなどして燃料消費を抑制する。

アウディSQ5
アウディSQ5拡大

高性能バージョンの「SQ5」にはアルミニウムルックインサートを施したSモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルを採用。マトリクスOLEDリアライトを標準装備する。シートは「ダイナミカ/レザー」のコンビネーション表皮を標準に、ダイヤモンドステッチ付きレザー表皮の「レザーパッケージ」をオプション設定。また、新たに左ハンドル仕様が選べるようになっているのも新しい(他のQ5シリーズは右ハンドル仕様のみ)。

パワートレインは最高出力354PS/最大トルク500N・mの3リッターV6ツインターボエンジンと8段のトルコン式AT「ティプトロニック」の組み合わせ。機械式センターデフを使ったクワトロ4WDシステムとダンピングコントロール付きSスポーツサスペンションによってダイナミックなハンドリング性能と上質な乗り心地の両立を図っている。足まわりは20インチアルミホイールを標準に、オプションで21インチホイールも用意する。

ボディーカラーにはSQ5およびSラインの専用色として「クワンタムグレー」「ウルトラブルーメタリック」「ディストリクトグリーンメタリック」の3色を新規設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • Q5 40 TDIクワトロ アドバンスト:681万円
  • Q5 40 TDIクワトロSライン:739万円
  • Q5 45 TFSIクワトロ アドバンスト:730万円
  • Q5 45 TFSIクワトロSライン:788万円
  • SQ5:915万円

(webCG)

関連キーワード:
Q5, SQ5, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5 40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.2.25 試乗記 日本に導入されたアウディ車としては実に約40年ぶりのディーゼルモデルとなる「Q5 40 TDIクワトロ」。しかしながら、2リッターディーゼルクラスはライバルブランドも力を入れる激戦区。“後出し”ならではの強さを見せることはできるのだろうか。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 2020.8.6 試乗記 「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.3 試乗記 「ボルボXC60」の2リッターガソリンターボ車が、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」に進化。電動アシスト機構を得たボルボのアッパーミドルクラスSUVは、プレミアムなのにつつましいという、得難いキャラクターのモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る