「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルエンジン搭載車にファイナルモデル

2021.02.09 自動車ニュース
マセラティ・レヴァンテ ディーゼル ファイナルエディション
マセラティ・レヴァンテ ディーゼル ファイナルエディション拡大

マセラティ ジャパンは2021年2月9日、SUV「レヴァンテ」のV6ディーゼルエンジン搭載モデル生産終了に伴う特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、24台の台数限定で販売を開始した。

 

マセラティ・レヴァンテ ディーゼル ファイナルエディションは人気の「ゼフィーロ19インチマットブラックホイール」を装備。その他にも多彩なオプションが標準装着されている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • LEDヘッドランプ
  • スペシャルリム ゼフィーロ19インチマットブラックホイール
  • レッド/ブルーブレーキキャリパー
  • プレミアムパッケージ
  • ネリッシモパッケージ
  • アップグレードレザー
  • ソフトドアクロージャー
  • トラフィックサインレコグニション

ボディーカラーは「ブルーエモッツィオーネ」(限定6台)と「グリジオマラテア」(同9台)、「ネロリベーレ」(同9台)の全3色をラインナップする。

価格は1135万円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る