あれもこれも販売トップ! ルノーが欧州で売れまくるのはなぜなのか?

2021.02.12 デイリーコラム

支持率に違いがありすぎる!

先ごろ日本上陸した「ルノー・キャプチャー」は「欧州コンパクトSUVのリーダー」を自称して、すでに欧州で発売済みの新型も「2020年の欧州すべてのSUVモデル中で販売台数1位」だったと誇らしげにうたっている。また、昨2020年10月に新型が国内で発売された「ルーテシア」も、先代となる4代目は欧州Bセグメント販売1位、乗用車全体でも2位という販売成績を最後まで維持した。さらには、新しい5代目も発売直後から現在まで、日本以上のコロナ禍にある欧州市場で4代目からの定位置を基本的に守り続けている。

つまり、どちらも欧州では押しも押されもせぬベストセラー商品なのだ……といった事実を、今回あらためて知らされた編集部S君は「そもそも、欧州ではなぜルノーが売れているんですか?」という素直な疑問を私に投げかけてきた。というのも、私が約15年前に「メガーヌ」を新車購入して以来、ルノーの新車だけを4台続けて購入して、今も2台を所有しているルノー中毒人間だからだ。

もっとも、私がルノーを好む理由は、乗り味が単純に私の肌に合っていて、しかもルノー・ジャポンが私の大好きなMT車を継続的に用意してくれているから……という2点に集約される。もちろん自動車評論家的にルノーの美点を論理的に説明できなくもないが、かといって、無差別・無条件にルノーをオススメするつもりはない。日本におけるルノーはしょせん少数派のニッチ商品であり、ちょっとした部品調達やリセール面を考えるだけでも、日本で普及しているドイツ車などより面倒くさい部分が多いからだ。

2020年11月に国内販売が開始された5代目「ルノー・ルーテシア」(写真)は、先代に続き、欧州のBセグメントにおけるベストセラーとなっている。
2020年11月に国内販売が開始された5代目「ルノー・ルーテシア」(写真)は、先代に続き、欧州のBセグメントにおけるベストセラーとなっている。拡大
ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」。2020年は、欧州市場において、すべてのSUVの中で最も売れたSUVだった。
ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」。2020年は、欧州市場において、すべてのSUVの中で最も売れたSUVだった。拡大
ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る