マツダが制御プログラムの最新化サービス「マツダスピリットアップグレード」をスタート

2021.02.19 自動車ニュース
マツダ3
マツダ3拡大

マツダは2021年2月19日、保有車両の商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス「マツダスピリットアップグレード」を開始したと発表した。

CX-30
CX-30拡大

第1弾となる今回は「マツダ3」と「CX-30」の初期型モデルが対象。両車は2020年の11月と12月にそれぞれエンジンやトランスミッション、運転支援システムなどの制御プログラムの改良を受けており、マツダスピリットアップグレードによって初期型でも最新モデルと同等の性能が得られるようになる。

アップデートの内容は以下の通り。

【新世代ガソリンエンジン「e-スカイアクティブX」搭載車のエンジンとAT制御プログラム】(2019年11月8日~2020年11月27日生産のスカイアクティブX搭載車)
素早いアクセル操作に対する応答性と操作性が向上。高回転まで気持ちよく伸びるドライビングフィールが進化し、マツダが目指す人馬一体の走りにさらなる磨きがかかる。
【クルージング&トラフィックサポート(CTS)の制御プログラム】(2019年4月2日~2020年12月1日生産のCTS装着車)
作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げ、高速道路や自動車専用道路での渋滞時等に運転疲労の軽減をサポート。
【マツダレーダークルーズコントロール(MRCC)の制御プログラム】(2019年3月5日~2020年8月28日生産の全車)
追従走行における加減速制御をより人間特性に合わせて滑らかに。

今回の制御プログラムの更新は無償で受けられる。2020年のe-スカイアクティブXの改良は既納客の走行データをもとに実現しており、マツダからユーザーへの感謝の意を込めているという。

アップデートの対象となるユーザーは、サービスキャンペーンの案内が届き次第、最寄りの販売店で制御プログラムの最新化作業を受けられる。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ3ファストバック, CX-30, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る