プラグインハイブリッドのラグジュアリーSUV「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」発売

2021.03.10 自動車ニュース
DS 7クロスバックE-TENSE 4×4
DS 7クロスバックE-TENSE 4×4拡大

グループPSAジャパンは2021年3月10日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」に新グレード「E-TENSE 4×4」を設定し、同日、販売を開始した。

 
プラグインハイブリッドのラグジュアリーSUV「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」発売の画像拡大
 
プラグインハイブリッドのラグジュアリーSUV「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」発売の画像拡大
 
プラグインハイブリッドのラグジュアリーSUV「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」発売の画像拡大
 
プラグインハイブリッドのラグジュアリーSUV「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」発売の画像拡大
 
プラグインハイブリッドのラグジュアリーSUV「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」発売の画像拡大

0-100km/h加速は6秒以下

DS 7クロスバックE-TENSE 4×4は、プラグインハイブリッドのSUV。最高出力200PS、最大トルク300N・mの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンに加えて、同110PS/同320N・mのフロントモーターと同112PS/同166N・mのリアモーターを搭載し、システムトータルで同300PS/同520N・mを発生する。駆動方式は4WD。「新時代のラグジュアリーSUVを具現するモデル」とうたわれる。

0-100km/hの加速タイムは5.9秒。容量13.2kWhのリチウムイオンバッテリーによりエレクトリックモードで56km(WLTCモード)のゼロエミッション走行が可能だ。走行モードはこのほかに、エネルギー効率を高めるハイブリッドモードと、カメラで前方の路面状態を読み取り足まわりを自動制御する「DSアクティブスキャンサスペンション」を生かしたコンフォートモード、エンジンのポテンシャルを最大限に引き出すスポーツモード、前後のモーターを独立して制御しトラクション能力を最大化する4WDモードを用意。これら走行モードとは別に、フォーミュラEから着想を得たDモードとBモードという2つのエネルギー回生システムが利用できる。

駆動用バッテリーは普通充電のみに対応し、満充電に要する時間は3kW/200Vで約5時間、6kW/200Vで約2.5時間。スマートフォン用アプリ「MyDS」を使えば、充電予約と充電状況の確認、エアコンの遠隔操作が可能となる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4590×1895×1635mmで既存のガソリンエンジン車と同じだが、車重は370kg増の1940kg。専用ボディーカラーである「クリスタル パール」が設定されており、ほかに「ブルー アンクル」「ブラン ナクレ」「ブラン バンキーズ」が選べる。ボディー各所に添えられる「E-TENSE」ロゴも特徴のひとつだ。

一方インテリアは、パールグレーのレザーで仕立てられ、ひし形のステッチがあしらわれる。シートのヒーターおよびベンチレーション機能のほか、ダッシュボード中央部には8インチのタッチスクリーンやB.R.M製のアナログ時計が標準装備されている。

そのほか、アクティブクルーズコントロールとレーンポジショニングシステムを統合制御する「DSコネクテッドパイロット」や、駐車可能なスペースを検知し必要なサポート(ステアリング、アクセル、ブレーキ、変速)を行う「DSパークパイロット」なども備わる。

価格は732万円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース