「ホンダS660」最後のスペシャルモデル 「S660モデューロX バージョンZ」発売

2021.03.12 自動車ニュース
ホンダS660モデューロX バージョンZ
ホンダS660モデューロX バージョンZ拡大

本田技研工業は2021年3月12日、軽スポーツカー「ホンダS660」のコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」を発売した。

ボディーカラーは写真の「ソニックグレー・パール」と、「プレミアムスターホワイト・パール」の全2色を用意。
ボディーカラーは写真の「ソニックグレー・パール」と、「プレミアムスターホワイト・パール」の全2色を用意。拡大
リアエンドにはブラックのアクティブスポイラー(ガー二―フラップ付き)が備わる。
リアエンドにはブラックのアクティブスポイラー(ガー二―フラップ付き)が備わる。拡大
「S660モデューロX バージョンZ」のインテリアカラーは、ボルドーレッド×ブラックのコンビとなる。
「S660モデューロX バージョンZ」のインテリアカラーは、ボルドーレッド×ブラックのコンビとなる。拡大
「Modulo X」ロゴ入りの専用シートセンターバッグ(写真中央)は、左右シート間に取り付け可能。
「Modulo X」ロゴ入りの専用シートセンターバッグ(写真中央)は、左右シート間に取り付け可能。拡大
ルーフカラーは、ベースの「S660モデューロX」と同じボルドーレッドがチョイスされている。
ルーフカラーは、ベースの「S660モデューロX」と同じボルドーレッドがチョイスされている。拡大

集大成にして最終形

S660モデューロX バージョンZは、2015年4月に発売されたS660の生産が2022年3月をもって終了するのに伴い、“S660最後の特別仕様車”として設定されたモデル。ベースとなるのは2018年5月にデビューした「S660モデューロX」で、ホンダアクセスが開発した共通のパーツ類に加えて、さらに特別なドレスアップアイテムが装着されている。

最も特徴的なのは、S660ではモデューロX バージョンZ限定となる「ソニックグレー・パール」の車体色。「プレミアムスターホワイト・パール」とともに、全2色の展開となる。車体前後のエンブレム(H、Modulo X、S660)はすべてブラッククローム調の仕上げになっており、ベース車ではボディー同色のアクティブスポイラーはブラックに、ブラックスパッタリング仕上げのアルミホイールはつや消しのステルスブラックのものに変更されている。

インテリアは、ボルドーレッド×ブラックのツートンカラー1種類のみ。メーターバイザーや助手席側のエアアウトレット、センターコンソールのパネルはカーボン調で、ドアのライニングパネルは合成皮革(ボルドーレッド)と「ラックススエード」(ブラック)のコンビになっている。「Modulo X」ロゴ入りの専用シートセンターバッグや「Version Z」ロゴ入りのアルミ製コンソールプレートも特徴的なアイテムだ。

エンジンのアウトプット(最高出力64PS、最大トルク104N・m)については、S660モデューロXと同様にノーマルのS660からの変更はなし。ただし、トランスミッションについてはCVTが設定されず、6段MT車のみとなっている。

価格は、660モデューロX比で10万7800円高の315万0400円。

(webCG)

◆「ホンダS660モデューロX バージョンZ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る