驚きの変わりっぷり!
「ホンダS660ネオクラシック」はこんなクルマ

2018.09.14 デイリーコラム

ホンダの軽スポーツカー「S660」がガラリと変身! ホンダアクセス製のドレスアップキットを使ったカスタマイズカー「S660 Neo Classic(ネオクラシック)」はどのような経緯で誕生したのか。開発にまつわる話を関係者に聞いた。

別モノみたいで車検はOK

ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスから2018年8月30日に発表されたS660ネオクラシック。ホンダS660をクラシック風に変身させたモデルだが、同じくホンダアクセス製のカスタムパーツを組み込んだ「モデューロX」や「モデューロ スタイル」のような、メーカー製コンプリートカーではない。

ここでホンダアクセスが扱うのは、いわば着せ替え用ボディーキットである「S660ネオクラシックキット」。だが、このキットは単独では販売されない。S660ネオクラシックを手に入れる方法は、以下のふたつ。ひとつはホンダの中古車を扱うホンダユーテックが運営するオートテラス店の指定3店舗に、S660を持ち込んでキットを組み込んでもらう。もうひとつは、やはり指定3店舗のみで扱う、S660の中古車をベースにキットを組み込んだ認定中古車扱いのコンプリートカーを購入する、という方法である。

つまり、あくまでS660ネオクラシックは中古車なのである。どうしても新車をベースにしたければ、S660を購入して登録したのちに、上記指定3店舗でキットを組み込むことになる。ちなみに交換パーツは、ドアとソフトトップを除く外板パネルすべてに及ぶが、自動車検査証(車検証)の記載事項変更および構造変更検査が不要な指定部品のみ交換されるため、登録は元のS660のままで、変更手続きなどは不要。寸法・重量など諸元はオリジナルとほとんど変わらないという。

丸目ヘッドライトを持つ顔つきによって、オリジナルの「S660」の現代的でシャープなイメージから、クラシカルで柔らかな印象に一変した「S660ネオクラシック」。
丸目ヘッドライトを持つ顔つきによって、オリジナルの「S660」の現代的でシャープなイメージから、クラシカルで柔らかな印象に一変した「S660ネオクラシック」。拡大
オリジナルよりクーペっぽさ、塊感が増したリアビュー。円形テールライトもクラシックな印象を増幅している。ドアとソフトトップを除くすべての外板パネルを交換しているが、オリジナルの「S660」の特徴である、シャープなキャラクターラインの入ったドアをクラシックなデザインに違和感なく溶け込ませるのに苦労したという。
オリジナルよりクーペっぽさ、塊感が増したリアビュー。円形テールライトもクラシックな印象を増幅している。ドアとソフトトップを除くすべての外板パネルを交換しているが、オリジナルの「S660」の特徴である、シャープなキャラクターラインの入ったドアをクラシックなデザインに違和感なく溶け込ませるのに苦労したという。拡大
顔つきは往年の「S500」「S600」「S800」など「Sシリーズ」のようでもあり、「N360」をモチーフにした「N-ONE」のようでもある。だが正直なところ、これを見て筆者が真っ先に思い出したのは3代目「スズキ・フロンテ」(LC20)の初期型だった。
顔つきは往年の「S500」「S600」「S800」など「Sシリーズ」のようでもあり、「N360」をモチーフにした「N-ONE」のようでもある。だが正直なところ、これを見て筆者が真っ先に思い出したのは3代目「スズキ・フロンテ」(LC20)の初期型だった。拡大
リアウィンドウは、はめ殺し(非開閉式)となる。
リアウィンドウは、はめ殺し(非開閉式)となる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由 2020.3.20 デイリーコラム ポルシェの現行モデルはほとんどがターボ車だが、車名に「ターボ」が記されるのは「911ターボ」などごく一部にすぎない。その一方で電気自動車「タイカン」には「ターボ」の名が与えられている。ポルシェがターボの名を特別視するのはなぜなのだろうか。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
ホームへ戻る