「メルセデス・ベンツEQA」が間もなく上陸 特別仕様車の先行受注スタート

2021.04.02 自動車ニュース
メルセデス・ベンツEQA250エディション1(写真は欧州仕様)
メルセデス・ベンツEQA250エディション1(写真は欧州仕様)拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月2日、新型電気自動車(EV)「メルセデス・ベンツEQA」の国内本格導入に先駆け、特別仕様車「EQA250エディション1」を設定し、50台の台数限定で予約注文受け付けを開始した。

 
「メルセデス・ベンツEQA」が間もなく上陸 特別仕様車の先行受注スタートの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツEQA」が間もなく上陸 特別仕様車の先行受注スタートの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツEQA」が間もなく上陸 特別仕様車の先行受注スタートの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツEQA」が間もなく上陸 特別仕様車の先行受注スタートの画像拡大
 
「メルセデス・ベンツEQA」が間もなく上陸 特別仕様車の先行受注スタートの画像拡大

メルセデス・ベンツのピュアEV第2弾となるEQAは「GLA」をベースとしたCセグメントサイズのSUVである。ヘッドランプと融合したフロントグリルなど、第1弾EVの「EQC」と共通のディテールを備えている。

欧州仕様の「EQA250」はボディーサイズが全長×全幅×全高=4463×1834×1620mmで、ホイールベースが2729mm。最高出力190PS、最大トルク375N・mの駆動用モーターをフロントアクスルに搭載し、前輪を駆動する。駆動用バッテリーの容量は66.5kWh。満充電からの航続可能距離は426km(WLTPモード)と公表されている。日本仕様の詳細は4月末に発表される予定。

EQAの発表を記念したEQA250エディション1は充実装備が特徴の特別仕様車だ。ボディーカラーには「ポーラーホワイト」を採用し、スポーティーかつスタイリッシュなAMGエクステリアでコーディネート。ハイグロスブラックのアクセント入りのフロントスポイラーリップやサイドスカート、ドアミラーハウジング、ルーフレールも装備する。20インチのAMGマルチスポークアルミホイールは専用色の「ローズゴールド」にペイントされ、Aピラーの下部には専用バッジも備わっている。

インテリアには専用のナバグレー×サイバーカットブルーのレザーシートを採用。ナバグレーのレザーはドアパネル中央部にもあしらわれ、クールな印象を演出する。シルバークロームのエアアウトレット内部のリングやフロアマットのエッジにはブルーのアクセントが施される。

機能面ではアジャスタブルダンピングシステム付きスポーツサスペンションやパノラミックスライディングルーフ、MBUX ARナビゲーションなどを標準装備する。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は790万円。

(webCG)

関連キーワード:
EQA, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース