世界限定300台の「アルピーヌA110リネージGT 2021」国内導入へ

2021.05.13 自動車ニュース
アルピーヌA110リネージGT 2021
アルピーヌA110リネージGT 2021拡大

アルピーヌ・ジャポンは2021年5月13日、「アルピーヌA110」の限定車「A110リネージGT 2021」を、国内で発売することを明らかにした。正式発表は同年6月中旬に行われる見込み。

上質さや快適性に配慮して仕立てられたインテリア。写真のサベルト製シートには6Wayの調節機構が備わる。
上質さや快適性に配慮して仕立てられたインテリア。写真のサベルト製シートには6Wayの調節機構が備わる。拡大

快適性と走行性能を高次元でバランス

アルピーヌA110リネージGT 2021は、世界限定300台で販売される特別なA110。装備の充実をセリングポイントとする既存の上位モデル「A110リネージ」に、ハイパフォーマンスモデル「A110S」用の1.8リッター直4ターボエンジン(最高出力292PS、最大トルク320N・m)を組み合わせている。

ボディーカラーは「マットマーキュリーシルバー」と「アビスブルー」の2色展開で、前者にはブラックの、後者にはアンバーブラウンのサベルト製コンフォートバケットシートおよび同色のドアパネルが装着される。そのほか内装では、Dinamicaヘッドライナーや、カーボン材を採用したパネル類(センターコンソール、ダッシュボードバイザー、エアベント)、アルミ製フットレスト、シリアルナンバー入りプレートなども特徴。前後のパーキングセンサー、リバースカメラ、フォーカル製オーディオシステムなども備わる。

外装については、ペールゴールドのアルピーヌモノグラムや18インチサイズのグランプリダイヤモンドカットホイール、ゴールドのブレーキキャリパーなどが差異化のポイントだ。

走りに直結するメカニズムとしては、前述のパワーユニットに加えて、スポーツエキゾーストシステムや高性能ブレーキシステムも装着されており、これまでのA110になかった快適性とパフォーマンスのバランスを実現しているとうたわれる。

今回発表された、A110リネージGT 2021のフランス国内価格は、7万1600ユーロ(およそ950万円、付加価値税を除く)から。

日本仕様車の価格や販売台数、仕様・諸元については正式発表時に公表される。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
  • 2021年1月1日から「アルピーヌA110」が新価格に 2020.12.1 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年12月1日、ミドシップスポーツカー「A110」の車両本体価格を2021年1月1日付で改定すると発表した。全モデルとも1.3~1.6%ほどの値上げとなっている。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る