「ジャガーEペース」のプラグインハイブリッド版、国内導入へ

2021.05.21 自動車ニュース
ジャガーEペースPHEVローンチエディション
ジャガーEペースPHEVローンチエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年5月21日、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」のプラグインハイブリッドモデル「PHEV LAUNCH EDITION (ローンチエディション)」を国内で販売すると発表。同日、20台の台数限定で受注を開始した。

 
「ジャガーEペース」のプラグインハイブリッド版、国内導入への画像拡大
 
「ジャガーEペース」のプラグインハイブリッド版、国内導入への画像拡大
 
「ジャガーEペース」のプラグインハイブリッド版、国内導入への画像拡大

電動パワートレインに対応する最新アーキテクチャー「PTA(プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)」が採用された、Eペースの2021年モデル。今回発表されたEペースPHEVローンチエディションは、そのPTAを生かした、初めて日本に導入されるジャガーのプラグインハイブリッド車(PHEV)である。

パワーユニットは、1.5リッター直3ガソリンターボエンジン(最高出力200PS)と「エレクトリックリアアクセルドライブ」(同109PS)を組み合わせたパラレルハイブリッドシステム。トータルの最高出力は309PS、同最大トルクは540N・mで、動力性能については0-100km/h加速6.5秒、最高速度216km/hと公表される。

床下に配置されるリチウムイオンバッテリーの容量は15kWh。充電ソケットは車体の左後方にレイアウトされており、200Vの普通充電に対応する。

走行モードは「EVモード」「ハイブリッドモード」「アテインモード」の3種類が選べる。EVモードでは最長55kmのEV走行が可能。ハイブリッドモードはエンジンとモーターを自動的に切り替えるモードで、バッテリー残量が0%表示になっても四輪を駆動できるよう約20%の電力を残す設定となっている。アテインモードでは、エンジンを主動力源としつつ、85%のバッテリー残量がキープされる。

このEペースPHEVローンチエディションの主な特別装備は以下の通り。

  • ブルーファイヤーブルーのエクステリアカラー
  • サテンダークグレイの20インチホイール
  • クラウドのウィンザーレザースポーツシート
  • パノラミックルーフ
  • プレミアムアップグレードインテリアパック(空気清浄システム、プレミアムキャビンライト、イルミネーテッドトレッドプレート)
  • テクノロジーパック(ワイヤレスデバイスチャージング、ClearSightインテリアリアビューミラー、ヘッドアップディスプレイ、インタラクティブドライバーディスプレイ)
  • 家庭用充電器(購入特典/戸建て向け標準工事費用含む)

価格は933万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
Eペース, ジャガー, 自動車ニュース