「ジープ・ラングラー」に電動開閉式ルーフを装備した限定モデルが復活

2021.05.21 自動車ニュース
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ スカイワンタッチパワートップ
ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ スカイワンタッチパワートップ拡大

FCAジャパンは2021年5月20日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に電動開閉式ルーフ「スカイワンタッチパワートップ」を装備した限定モデルを設定し、同年6月5日に発売すると発表した。

 
「スカイワンタッチパワートップ」は、走行中でも約96km/h以下であれば操作が行える。開閉それぞれの動作は約20秒で完了。
「スカイワンタッチパワートップ」は、走行中でも約96km/h以下であれば操作が行える。開閉それぞれの動作は約20秒で完了。拡大
「ラングラー アンリミテッド サハラ スカイワンタッチパワートップ」には、レザー仕立てのブラック内装が組み合わされる。
「ラングラー アンリミテッド サハラ スカイワンタッチパワートップ」には、レザー仕立てのブラック内装が組み合わされる。拡大
リアクオーターウィンドウはパネルごと脱着でき、専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できるようになっている。
リアクオーターウィンドウはパネルごと脱着でき、専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できるようになっている。拡大

今回の限定モデルは、最高出力284PSの3.6リッターV6エンジンを搭載する「ラングラー アンリミテッド サハラ」がベース。スカイワンタッチパワートップを装備したモデルとしては、2020年5月に導入された「ラングラー アンリミテッド サハラ2.0L スカイワンタッチパワートップ」に続くものである。

同システムは、開閉それぞれの動作が約20秒で完了。走行中でも約96km/h以下であれば操作できる。従来モデルと同様に、電動ルーフはスイッチ操作ひとつでトップが蛇腹状に折り畳まれ、サンルーフのように前席頭上のみを開けることも可能だ。

リアクオーターウィンドウはパネルごと脱着でき、取り外したパーツは専用バッグに入れてリアシートの背もたれ後方に収納できるようになっている。スカイワンタッチパワートップと併せて使用することで、より大きな開放感が味わえるとアナウンスされている。

販売される車両のボディーカラーと台数は、最新型のラングラーで初採用となる「ハイドロブルーP/C」が限定150台、通常は「ルビコン」グレードのみで選択できる「スティンググレーC/C」が同150台の合計300台。いずれもレザー仕立てのブラック内装が組み合わされる。価格は628万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)【試乗記】 2021.8.18 試乗記 世界中で活躍するジープのコンパクトSUV「コンパス」がマイナーチェンジ。デザインをブラッシュアップし、装備を強化するなどの改良を受けた。装いも新たになった改良モデルの出来栄えを、中間グレード「ロンジチュード」で確かめた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る