ホンダが「フィット」の通信機能を強化 デビュー20周年の特別仕様車も発売

2021.06.03 自動車ニュース webCG 編集部
ホンダ・フィットe:HEVホーム カーサ
ホンダ・フィットe:HEVホーム カーサ拡大

本田技研工業は2021年6月3日、一部仕様変更した「フィット」と、その特別仕様車「Casa(カーサ)」「Maison(メゾン)」を発表した。同年6月4日に販売を開始する。

これまで「ライムグリーン」だった「ネス」グレードのアクセントカラーは「オレンジ」に変更された。
これまで「ライムグリーン」だった「ネス」グレードのアクセントカラーは「オレンジ」に変更された。拡大
「ネス」グレードでは、インテリアも「オレンジ」の差し色でドレスアップされている。
「ネス」グレードでは、インテリアも「オレンジ」の差し色でドレスアップされている。拡大
フィットe:HEVホーム メゾン
フィットe:HEVホーム メゾン拡大
特別仕様車「カーサ」のレッドステッチ入り専用シート。
特別仕様車「カーサ」のレッドステッチ入り専用シート。拡大
「メゾン」と名づけられた特別仕様車にはグレー×ベージュの専用シートが装着される。
「メゾン」と名づけられた特別仕様車にはグレー×ベージュの専用シートが装着される。拡大
「カーサ」専用のフロアカーペット。
「カーサ」専用のフロアカーペット。拡大

今回の仕様変更では、車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を使ったコネクテッドサービス「Honda Total Careプレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」の充実が図られた。

具体的には、通信機能を使いナビゲーションシステムの地図情報を自動更新できる「自動地図更新サービス」や、さまざまなアプリを提供する「Hondaアプリセンター」、車内でデータ通信容量を購入し、Wi-Fiスポットとしてインターネットに接続できる「車内Wi-Fi」などが利用できるようになった。一部グレードを除き、専用設計されたフィット独自の「プレミアムオーディオ」も新たにオプション設定された。

さらに、ボディーカラーには新色の「ローズゴールド・メタリック」を追加。「ネス」グレード専用のアクセントカラーは従来の「ライムグリーン」から「オレンジ」に変更された。

価格は「ベーシック」(FF車)の155万7600円から「e:HEVリュクス」(4WD車)の259万1600円まで。

またこれに合わせて、フィットのデビュー20周年を記念した特別仕様車であるカーサとメゾンが設定された。ともに「ホーム」「e:HEVホーム」の2グレードがベースで、カーサはレッドステッチをアクセントとした専用シートなどで「洗練されたパッションを感じさせるスタイリッシュなデザイン」を追求。メゾンはグレー×ベージュの専用シートを採用しており、シティーライフの華やかさをイメージしたデザインとされている。

カーサ/メゾンの主な特別装備は以下の通り。

  • 専用インテリア:グレー×ブラック(カーサ)/グレー×ベージュ(メゾン)
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • アームレスト付きセンターコンソールボックス
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装)
  • ブラッククリア塗装16インチアルミホイール(※「リュクス」グレード用デザイン)
  • 専用フロアカーペットマット

価格は以下の通り。

  • ホーム カーサ:191万7300円(FF)/211万5300円(4WD)
  • ホーム メゾン:191万7300円(FF)/211万5300円(4WD)
  • e:HEVホーム カーサ:226万7100円(FF)/246万5100円(4WD)
  • e:HEVホーム メゾン:226万7100円(FF)/246万5100円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース