「DS 7クロスバック」に栗毛色のレザーを採用した特別仕様車

2021.06.04 自動車ニュース
DS 7クロスバック グランシックBlueHDiアレザン(日本仕様は右ハンドル)
DS 7クロスバック グランシックBlueHDiアレザン(日本仕様は右ハンドル)拡大

グループPSAジャパンは2021年6月4日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」に特別仕様車「グランシックBlueHDi ALEZAN(アレザン)」を設定し、販売を開始した。

 
「DS 7クロスバック」に栗毛色のレザーを採用した特別仕様車の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」に栗毛色のレザーを採用した特別仕様車の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」に栗毛色のレザーを採用した特別仕様車の画像拡大

今回のDS 7クロスバック グランシックBlueHDiアレザンは最高出力177PSの2リッターディーゼルターボエンジンを搭載した「グランシックBlueHDi」がベース。「ALEZAN」はフランス語で「栗毛(くりげ)の馬」を意味しており、カタログモデルではオプションとなる「OPERA」内装を装備するだけでなく、通常のムラ染めのブラックナッパレザーに代えて、ブラウンのナッパレザーを各部にあしらっているのが特徴だ。

シートやドアパネル、ダッシュボードなどの一部にはパールトップステッチを採用。真珠のネックレスのようにステッチが球状に露出するこの手法はオートクチュール(高級仕立服)由来とされており、自動車のインテリアとして採用するまでに数年の開発期間を要したという。

ボディーカラーは「ブランナクレ」「ブルーアンクル」「オルビザンタン」「グリアルタンス」「グリプラチナム」「ノアールペルラネラ」の全6色展開。

価格は657万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 7クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.7 試乗記 マクロン大統領も公用車として愛用する「DS 7クロスバック」に、新たにプラグインハイブリッドモデルが登場。このフランス発のラグジュアリーSUVは、電気の力を得たことで絢爛(けんらん)豪華なだけではない新たな魅力を手にしていた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • ポルシェ・カイエンEハイブリッド クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.18 試乗記 いまやポルシェの屋台骨を支える重要車種となったSUV「カイエン」。そのクーペSUV版のプラグインハイブリッドモデルという極めて“イマ風”な一台は、どんな走りを味わわせてくれるのか?
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
ホームへ戻る