BMWが新型電気自動車「iX」に導入記念の特別仕様車を設定 オンラインで先行予約注文受け付けを開始

2021.06.09 自動車ニュース
BMW iX
BMW iX拡大

BMWジャパンは2021年6月9日、同年秋に国内で正式発表予定の電気自動車(EV)「BMW iX」に、初期生産モデル「iXローンチエディション」を設定し、BMWオンラインストアにおいて先行予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年秋以降を予定している。

新型電気自動車「BMW iX」の「ローンチエディション」は、オンラインでのみ予約注文が行える。
新型電気自動車「BMW iX」の「ローンチエディション」は、オンラインでのみ予約注文が行える。拡大

iXは、前後に1基ずつモーターを搭載するピュアEV。「xDrive40」がシステム最高出力326PS、「xDrive50」がシステム最高出力523PSを発生し、一充電あたりの航続可能距離は前者が327kmから425km、後者が549kmから630kmとアナウンスされている。

今回のiXローンチエディションは、xDrive40およびxDrive50をベースに、スカイラウンジパノラマガラスサンルーフやソフトクローズドアなどの装備を組み合わせた「ファーストクラスパッケージ」、フロントアクティブベンチレーションシートやクライメートコンフォートガラスなどの装備を組み合わせた「ラウンジパッケージ」、専用ホイールやダーク仕上げリアランプなどの装備を組み合わせた「スポーツパッケージ」を標準装備している。

さらにiX xDrive40ローンチエディションには「harman/kardonサラウンドサウンドシステム」が、iX xDrive50ローンチエディションには「Bowers & Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム」を含む「テクノロジーパッケージ」がそれぞれ加わる。

具体的なパッケージの内容は以下の通り。

【ファーストクラスパッケージ】

  • ソフトクローズドア
  • インテリアスタイリング クリア&ボールド
  • スカイラウンジパノラマガラスサンルーフ
  • サンプロテクションガラス
  • クライメートコンフォートガラス

【ラウンジパッケージ】

  • フロントアクティブベンチレーションシート
  • マルチファンクションシート(運転席&助手席)
  • インテリアデザインSuiteレザーアミド(iX xDrive40ローンチエディション)
  • インテリアデザインSuiteレザーカスタネア(iX xDrive50ローンチエディション)
  • サンプロテクションガラス
  • クライメートコンフォートガラス

【スポーツパッケージ】

  • スポーティーなフロントエプロンおよびバンパー
  • ブルーのブレーキキャリパー
  • ダーク仕上げリアランプ
  • 22インチエアロダイナミックホイール(1020バイカラー3D ポリッシュ)

【テクノロジーパッケージ】

  • BMWレーザーライト
  • Bowers & Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム
  • インテリアカメラ

ボディーカラーは、iX xDrive40ローンチエディションが「ソフィストグレーブリリアントエフェクト」と「ミネラルホワイト」の2種類の設定、iX xDrive50ローンチエディションが「BMWインディビジュアル アベンチュリンレッド」のみの設定となる。

価格はiX xDrive40ローンチエディションが1155万円、iX xDrive50ローンチエディションが1373万円。BMWオンラインストアでのみ予約注文が可能で、iXの日本における正式発表のあと、早い段階での納車が約束されるという。

(webCG)

関連キーワード:
iX, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る