BMWが新型電気自動車「iX」の予約注文受け付けをオンラインで開始

2020.12.17 自動車ニュース
BMW iX
BMW iX拡大

BMWジャパンは2020年12月16日、2021年秋に正式発売を予定している電気自動車(EV)「BMW iX(アイエックス)」の予約注文受け付けを、BMWオンラインストアにおいて開始した。納車は2021年秋以降を予定している。

全長および全幅は「X5」、全高は「X6」と同程度、ホイールは「X7」と同じサイズになるという。「BMW iブルー」のアクセントカラーが用いられた外装も「iX」の特徴。
全長および全幅は「X5」、全高は「X6」と同程度、ホイールは「X7」と同じサイズになるという。「BMW iブルー」のアクセントカラーが用いられた外装も「iX」の特徴。拡大
高級ラウンジをイメージしたというインテリア。BMW車で初となる六角形のステアリングホイールを採用している。
高級ラウンジをイメージしたというインテリア。BMW車で初となる六角形のステアリングホイールを採用している。拡大

BMWブランドの新たな量産型EVとして発表されたiXは、全長および全幅が「X5」と、全高が「X6」と同程度となる大型のSUV。BMWのフラッグシップSUV「X7」と同等サイズのホイールを採用することによって、パワフルなプロポーションを実現したという。

インテリアでは、リサイクル素材を採用するラウンジのような雰囲気が特徴。センタートンネルを持たないことによる広さに加え、ダッシュボードに配置された横長の液晶ディスプレイや六角形のステアリングホイール、ヘッドレスト一体型の新形状シート、大型のパノラミックガラスルーフなどの装備もセリングポイントとなる。

同車には前後に1基ずつ、計2基のモーターが搭載されており、システム最高出力500PSを発生。0-100km/h加速5秒未満という動力性能と、WLTP試験サイクルの複合電力消費が21kWh/100km未満となる高効率の両立も自慢だ。一充電あたりの航続可能距離は600km以上。最高200kWのDC高速充電でバッテリー容量の10~80%を40分で充電できるほか、10分の高速充電で航続距離が120km延ばせるとアナウンスされている。

BMWオンラインストアでの予約特典として、予約者には日本導入時の早い段階での納車が約束されるという。

(webCG)

関連キーワード:
iX, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWが新型電気自動車「iX」の予約注文受け付けをオンラインで開始 2020.12.17 自動車ニュース BMWジャパンは2020年12月16日、2021年秋に正式発売を予定している電気自動車「BMW iX(アイエックス)」の予約注文受け付けを、BMWオンラインストアにおいて開始した。納車は2021年秋以降を予定している。
  • メルセデス・ベンツGLS580 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLS」は単なる高級車にあらず! いや、第一級のラグジュアリーSUVであるのは当然として、凝りに凝ったアイテムによる高い悪路走破性も隠し持っているのだ。ラグジュアリーなオフローダーの仕上がりやいかに!?
  • トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売 2021.6.10 自動車ニュース トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開。軽量・高剛性な新設計のフレームや、2種の新型V6ターボエンジンの採用などにより、悪路走破性を高めつつより快適なクルマに進化しているという。2021年夏以降に、世界各国で発売となる予定だ。
  • いまや世界のベンチマーク!? アウディの“ステアリングへのこだわり”って何だ? 2021.5.17 デイリーコラム 「技術による先進」をスローガンに掲げるアウディは、クルマを運転するうえで人間との重要な接点となるステアリングホイールにも、並々ならぬこだわりがあるという。その注目すべき点について、新型車「Q4 e-tron」を例に解説する。
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
ホームへ戻る