新型電気自動車「BMW iX」日本上陸 正式発売の前に東京・お台場でお披露目

2021.09.07 自動車ニュース
BMW iX xDrive40
BMW iX xDrive40拡大

BMWジャパンは2021年9月7日、新型電気自動車(EV)「BMW iX」を東京・お台場の体験型ショールーム「BMW GROUP Tokyo Bay」で報道関係者に公開した。

「 iX」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4953×1967×1695mm、ホイールベース=3000mm。
「 iX」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4953×1967×1695mm、ホイールベース=3000mm。拡大
BMW車で初となる六角形のステアリングホイールが目を引く「iX」のコックピット。
BMW車で初となる六角形のステアリングホイールが目を引く「iX」のコックピット。拡大
ヘッドレスト一体型となる「iX」の電動シート。シートの調整用スイッチは、ドアに設置されている。
ヘッドレスト一体型となる「iX」の電動シート。シートの調整用スイッチは、ドアに設置されている。拡大

BMW iXはBMWのフラッグシップEVに位置づけられ、同年秋に日本での正式発売が予定されている。すでにBMWオンラインストアにおいて、初期生産モデル「iXローンチエディション」の先行予約注文受け付けを行っており、正式発売以降、順次納車を行うとしている。

iXは、前後に1基ずつモーターを搭載するピュアEV。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4953×1967×1695mm、ホイールベース=3000mmで、車両重量は2380kgと発表されている。パワーユニットのシステム最高出力は「iX xDrive40」が326PS、「iX xDrive50」が523PSで、一充電あたりの航続可能距離は前者が327~425km、後者が549~630kmとなる。

BMWジャパンでは、全国160拠点の正規ディーラーに急速充電器の設置を進めており、2021年内に70%のディーラーで設置が完了する見込み。iXは、最高200kWのDC急速充電でバッテリー容量の10%から80%まで約40分で充電できるほか、10分の急速充電で航続距離が120km延ばせるという。

iXの正式発売に続きBMWジャパンは、年内に新型EV「iX3」「i4」の導入を発表する予定だ。

(webCG)

「BMW iX」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
iX, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW iX 2021.9.7 画像・写真 BMWジャパンは2021年9月7日、新型電気自動車(EV)「BMW iX」を東京・お台場の体験型ショールーム「BMW GROUP Tokyo Bay」で報道関係者に公開した。BMWのフラッグシップEVと位置づけられるiXの姿を写真で紹介する。
  • BMWが「2シリーズ グランツアラー」の価格を一律50万円値下げ 2021.9.14 自動車ニュース BMWジャパンは2021年9月9日、7人乗りのコンパクトミニバン「BMW 2シリーズ グランツアラー」の車両本体価格を同年10月1日付で改定すると発表した。すべてのグレードにおいて一律50万円の値下げとなる。
  • 「メルセデス・ベンツCLS」がマイナーチェンジ フロントデザインを変更 2021.9.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLS」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。フロントまわりのデザインを変更したほか、装備の追加によって快適性の向上を図っている。
  • 「ロータス・エミーラ」に早くもレースカー「GT4」が登場 2021.9.8 自動車ニュース 英ロータスは2021年9月8日、「エミーラ」のレースカーバージョン「GT4」を発表した。公道とサーキットでの経験を生かしたロータスの70年以上にわたる革新の歴史の集大成とされており、2022年シーズンから各種レースに投入される見込みとなっている。
  • ホンダが「インテグラ」復活を宣言 果たして勝算は? 2021.9.8 デイリーコラム ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターがアキュラブランドから「インテグラ」を復活させると発表した。かつてはスペシャルティーカーとして人気を博したインテグラだが、今の時代になぜ? どんな勝算があっての復活宣言なのだろうか。
ホームへ戻る