ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート

2021.06.17 自動車ニュース
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大

ポルシェジャパンは2021年6月16日、新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けを開始した。

 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大
 
ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタートの画像拡大

新型の「911 GT3」にも“リアウイングレス仕様”が登場

「ポルシェ911 GT3」は、911シリーズの中でも運動性能の高さを追求した高性能モデルであり、7代目となる現行型は1418kgにまで軽量化した車体に、最高出力510PSを発生する自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載している。

911 GT3ツーリングパッケージは、この911 GT3をベースに、内外装の意匠を控えめかつ上質にしたモデルである。「ツーリングパッケージ」という名前は1973年モデルの「911カレラRS」に用意された仕様に由来するもので、2017年に先代の911 GT3で初めて設定された。

今回の新型では、従来モデルと同じく固定式の大型リアウイングを撤去するとともに、高速走行時に必要なダウンフォースを発生する自動展開式のリアスポイラーを装備。911 GT3ではブラックとされるフロントのエアインテークまわりは、ボディー同色でフル塗装される。

またサイドウィンドウにはハイグロスアルマイトのトリムストリップが装備され、マフラーもシルバーカラーでコーディネートされるが、これらについてはオプションでサテングロスブラックとすることも可能。その場合、ヘッドライトモジュールはダークティンテッド仕上げとなる。

インテリアも同車専用の仕立てとなっており、ステアリングホイールリムやギア/セレクターレバー、センターコンソールカバー、ドアパネルアームレストおよびドアハンドルにブラックレザーを採用。シートセンターパネルはブラックファブリック、そしてルーフライナーもブラックと、内装色は黒一色で統一されている。これに合わせ、ドアエントリーガードや、ダッシュボードとセンターコンソールのトリムエレメントにはブラックブラッシュアルミニウムを採用。シートのヘッドレストにはエンボス加工で“ポルシェクレスト”がデザインされ、またダッシュボード前部とドアトリムパネルの上部セクションにも特殊エンボス加工が施されている。

こうした内外装の仕様に加え、新型911 GT3ツーリングパッケージでは、従来のモデルにはなかった7段PDK仕様の設定もトピックとなっている。

価格は6段MT仕様、7段PDK仕様ともに2296万円。購入者にはスイス時計の工場で製造される、特別なデザインのクロノグラフも提供される。

(webCG)

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース