「ジープ・ラングラー」にオレンジの限定モデル「オーバーランド ナチョ」が登場

2021.06.29 自動車ニュース
ジープ・ラングラー オーバーランド ナチョ
ジープ・ラングラー オーバーランド ナチョ拡大

FCAジャパンは2021年6月29日、ジープブランドの本格SUV「ラングラー/ラングラー アンリミテッド」に、特別仕様車「Overland Nacho(オーバーランド ナチョ)」を設定し、同年7月10日より販売すると発表した。

ラングラー アンリミテッド オーバーランド ナチョ
ラングラー アンリミテッド オーバーランド ナチョ拡大
 
「ジープ・ラングラー」にオレンジの限定モデル「オーバーランド ナチョ」が登場の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」にオレンジの限定モデル「オーバーランド ナチョ」が登場の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」にオレンジの限定モデル「オーバーランド ナチョ」が登場の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」にオレンジの限定モデル「オーバーランド ナチョ」が登場の画像拡大

今回のラングラー/ラングラー アンリミテッド オーバーランド ナチョは、特別なオレンジのボディーカラーを特徴とする特別仕様車であり、2ドアのラングラーが100台、4ドアのラングラー アンリミテッドが200台の台数限定で販売される。

車名に用いられている“ナチョ”とは、メキシコの伝統的なスナック菓子であり、アメリカでも人気の高い「Nachos(ナチョス)」に由来するもので、FCAジャパンは「オレンジのオーバーランド ナチョは、チェダーチーズをかけたナチョチップを連想させるとともに、日常を陽気に楽しむ彼らのライフスタイルを想起させる」と説明している。

ベースとなるのはラングラー/ラングラー アンリミテッドともに上級グレードの「サハラ」(ラングラーでは日本未導入)で、エンジンはラングラーが3.6リッターV6自然吸気、ラングラー アンリミテッドが2リッター直4ターボとなっている。

また、2019年に登場した特別仕様車「ラングラー アンリミテッド オーバーランド」と同様の装備も特徴で、エクステリアにはシルバーアクセント入りのフロントグリルやヘッドランプベゼル、シルバードアミラー、18インチ専用アルミホイール、「Jeep」ロゴ入りハードタイヤカバーなどを採用。インテリアには「Overland」の刺しゅう入りブラックレザーシート、Mopar製ハードトップヘッドライナーが用いられている。

価格は以下の通り。

  • ラングラー オーバーランド ナチョ:586万円
  • ラングラー アンリミテッド オーバーランド ナチョ:623万円

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・グラディエーター 2018.11.29 画像・写真 FCAは2018年11月28日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショーでジープの新型ピックアップトラック「グラディエーター」を世界初公開した。実に47年ぶりとなる復活を果たしたこの新型モデルを、写真で紹介する。
  • BMW R nineTスクランブラー(6MT)【レビュー】 2021.10.19 試乗記 エンジンの改良により、厳しい環境規制をクリアした「BMW R nineT」シリーズのなかから、程よいオフロードテイストが魅力の「R nineTスクランブラー」に試乗。その走りからは、これからも空油冷フラットツインの魅力を伝えていきたいというBMWの意思が感じられた。
ホームへ戻る