ハイブリッドの好敵手! 「アルトゥーラ」と「296GTB」に見るスーパーカーの近未来

2021.07.05 デイリーコラム

足並みがそろってる?

フェラーリとマクラーレンという、今やF1界のみならずロードカー界でもライバルとなったブランドが相次いでプラグインハイブリッドのスーパーカーをデビューさせた。2021年2月17日に発表されたのが「マクラーレン・アルトゥーラ」、そしてつい先だって、同年6月24日には「フェラーリ296GTB」が登場している。

面白いことに両車のハイブリッドパワートレインは一見、とてもよく似ている。大枠で言えばともに、「3リッターの120度V6ツインターボ+8DCTに1つの電気モーターとバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドシステム搭載の2シーターミドシップ後輪駆動スーパーカー」(=A)である。

とはいえ冷静に見て似ているのは「最高のパフォーマンスを目指した時に必須となる基本エレメント」のみだ。つまり、上記Aに関して言えば、(V8ミドシップのスーパーカーに代わりうるPHVのミドシップスーパーカーをつくろうと思ったなら)誰もがそこから走り出すスタートラインのようなものだと思ってもらえばいい。後々明らかにしていきたいけれども、そこから先の技術的表現にこそそれぞれのブランドの個性や哲学が垣間見えて、そちらのほうがずっと面白いことが分かるだろう。

スーパーカーブランドによるハイブリッド化の兆しは2000年代後半に始まった。もちろん研究開発はそれ以前から行われてきたが、具体的な盛り上がりをみせたのはフォーミュラ1がKERS(カーズ)を採用した2009年以降である。

2010年春には早くもフェラーリがハイブリッドシステムを積んだプロトタイプの「599 HY-KERS(ハイカーズ)」を登場させている。これはEV走行も可能な12気筒のハイブリッドモデルだった。

一方、2010年に心機一転、“マクラーレン・オートモーティブ”としてロードカーシーンに復活したマクラーレンだったが、その数年前、つまり「MP4-12C」の開発当初から積極的にハイブリッド関連の技術者を採用しており、こちらもハイブリッドモデルの登場がずっと取り沙汰されていたのだ。

そして2013年春には両ブランドがそろってハイブリッドシステムを積んだ限定ハイパーカー、「ラ フェラーリ」と「P1」を発表する。世界最高峰ブランドが限定モデルとはいえフラッグシップにモーター+バッテリーを積んだことで、スーパーカー界の電動化への道筋がはっきりと示されたといっていい。

もっとも、量産スーパーカー界において真にハイブリッド化の先陣を切ったのはわれらがホンダだった。アメリカ生産の2代目「NSX」もまた、バンク角こそ75度ながらV6ツインターボに前後計3つのモーターを加えたハイブリッドスーパーカーであることを忘れてはならない。そしてそのコンセプトモデルのデビューが2012年初頭であったことも!

新開発のパワートレイン「HPH(ハイパフォーマンス・ハイブリッド)」を搭載するマクラーレンのスポーツカー「アルトゥーラ」。2021年2月にデビューした。
新開発のパワートレイン「HPH(ハイパフォーマンス・ハイブリッド)」を搭載するマクラーレンのスポーツカー「アルトゥーラ」。2021年2月にデビューした。拡大
フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「296GTB」は2021年6月に登場。ファンの間では「ディーノ」のサブネームが予想されたが、最終的にその名は使われず。
フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「296GTB」は2021年6月に登場。ファンの間では「ディーノ」のサブネームが予想されたが、最終的にその名は使われず。拡大
「アルトゥーラ」のコックピット周辺部。操作系のスイッチはメーターナセル周辺とステアリングコラムに集約されている。
「アルトゥーラ」のコックピット周辺部。操作系のスイッチはメーターナセル周辺とステアリングコラムに集約されている。拡大
「フェラーリ296GTB」のインテリア(写真)も「アルトゥーラ」のものと同様、すっきりとしたデザインでまとめられている。センターモニターは備わらないが、助手席の前方にはパッセンジャー用のディスプレイが配置されている。
「フェラーリ296GTB」のインテリア(写真)も「アルトゥーラ」のものと同様、すっきりとしたデザインでまとめられている。センターモニターは備わらないが、助手席の前方にはパッセンジャー用のディスプレイが配置されている。拡大
「アルトゥーラ」のボディーにはカーボンファイバーとアルミニウムが多用されている。はね上げ式のドアも、同モデルの特徴のひとつ。
「アルトゥーラ」のボディーにはカーボンファイバーとアルミニウムが多用されている。はね上げ式のドアも、同モデルの特徴のひとつ。拡大
「フェラーリ296GTB」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4565×1958×1187mm。純ガソリンエンジンのMRフェラーリ「F8トリブート」に比べてやや幅が狭く、低く、見た目の塊感が増している。
「フェラーリ296GTB」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4565×1958×1187mm。純ガソリンエンジンのMRフェラーリ「F8トリブート」に比べてやや幅が狭く、低く、見た目の塊感が増している。拡大
フェラーリ 296GTB の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリの新型ハイブリッドスーパースポーツ「296GTB」がデビュー 2021.6.24 自動車ニュース 伊フェラーリは2021年6月24日(現地時間)、プラグインハイブリッドの新型スーパースポーツモデル「296GTB」を世界初公開した。システム最高出力830PSを発生。後輪駆動で、0-100km/h加速2.9秒、最高速度は330km/h以上と公表される。
  • フェラーリP80/C 2019.4.1 画像・写真 伊フェラーリは2019年3月25日(現地時間)、レーシングモデル「488GT3」をベースとしたワンオフモデル「P80/C」を公開した。「フェラーリ・ワンオフ・プログラム」の最新作となった同モデルを写真で紹介する。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
ホームへ戻る