トヨタが「カローラ」シリーズを一部改良 「セダン」と「ツーリング」に「プラスサポート」を採用

2021.07.02 自動車ニュース
「トヨタ・カローラ ハイブリッドS」。ボディーカラーは新規設定色の「センシュアルレッドマイカ」。
「トヨタ・カローラ ハイブリッドS」。ボディーカラーは新規設定色の「センシュアルレッドマイカ」。拡大

トヨタ自動車は2021年7月2日、「カローラ」「カローラ ツーリング」「カローラ スポーツ」を一部改良して発売した。

「カローラ ツーリング ハイブリッドS」。ボディーカラーは「センシュアルレッドマイカ」。
「カローラ ツーリング ハイブリッドS」。ボディーカラーは「センシュアルレッドマイカ」。拡大
「カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”」。ボディーカラーは新規開発色の「エモーショナルレッドIII」。
「カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”」。ボディーカラーは新規開発色の「エモーショナルレッドIII」。拡大
「プラスサポート」用のスマートキー。
「プラスサポート」用のスマートキー。拡大

カローラおよびカローラ ツーリングにはペダルの踏み間違いによる急加速を抑制する「プラスサポート」を販売店オプションとして採用したほか、ウイルスや菌の抑制に効果があるOHラジカルを含む微粒子イオンを「ナノイー」の10倍量放出する「ナノイーX」を「W×B」「S」グレードにオプション設定。さらにW×Bには「センシュアルレッドマイカ」のボディーカラーを追加設定した。

また、カローラ スポーツではボディーカラーのラインナップに新規開発色「エモーショナルレッドIII」を追加した。

価格はカローラが193万6000円~294万8000円でカローラ ツーリングが201万3000円~299万7500円。カローラ スポーツが216万9000円~284万1000円。

(webCG)

関連キーワード:
カローラ, カローラ スポーツ, カローラ ツーリング, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • 清水草一が大胆予想! 新型「Z」に乗ってみたら……? 2021.9.6 デイリーコラム 海外で発表されるやファンを沸かせた新型「日産Z(フェアレディZ)」だが、実際に乗れるのはまだまだ先。その走りについて、わかっている仕様・スペックから言えることは……。自動車ライター清水草一は、こう予想する!
  • ホンダ・シビックLXプロトタイプ(FF/6MT)/シビックEXプロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.8 試乗記 フルモデルチェンジで11代目となった、ホンダのビッグネーム「シビック」に試乗。“爽快CIVIC”をコンセプトに掲げる新型は、素性の良さがしっかりと感じられる、洗練度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る