キーワードは“LCA”と“ESG” 自動車メーカーが全方位で環境対策に乗り出すワケ

2021.07.09 デイリーコラム

サプライヤーにもCO2排出量の削減を要求

近年、自動車メーカーが製造段階における環境負荷低減策を強化している。BMWは電動車ブランド「BMW i」の旗揚げ時から、工場における再生可能エネルギー(再エネ)の利活用を推進。こうしたブランドの立ち上げに際して生産段階での脱炭素を掲げるのは、欧米メーカーのお約束となった。最近では、アウディが「e-tron GT」を生産するベーリンガーホフ工場で(カーボンクレジットの使用による相殺を含むものの)完全なカーボンニュートラルを実現。日産も、イギリス最大規模の自動車工場であるサンダーランド工場での再エネ発電施設を拡張するとともに、同工場をハブとしたローエミッションな電気自動車(EV)生産システムを構築すると発表した。

こうした動きは自社の取り組みだけにとどまらない。例えばトヨタは、一次取引先(ティア1)に対して、2021年のCO2排出量を前年比3%前後削減するように求めたと報じられている。

トヨタは、パリ協定が合意された気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)の開催年である2015年に、環境目標「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表。「ライフサイクル視点で、材料・部品・モノづくりを含めたトータルでのCO2排出ゼロ」という目標を掲げた。具体的な施策としては、低CO2材料の開発・使用拡大、材料使用量・部品点数の削減、リサイクルバイオ材料の使用拡大、解体性容易設計の導入などのほか、工場からのCO2排出ゼロへ向けた低CO2技術の導入・開発、工場での再生エネルギーや水素エネルギーの利活用などなど……。これを見れば、トヨタが自社の取り組みだけで済ませるつもりでないことは明らかで、当時から、いずれは取引先に影響が及ぶと思われていた。ついにそのXデーが来たわけだ。

ホンダも同様に、取引先へ環境負荷低減を申し入れる予定があるとしている。今のところ、他の日本メーカーは方針を明らかにしていないが、そう遠くない将来、業界全体にこの流れは広がることだろう。

ソーラーパネルが並ぶ日産の英サンダーランド工場。建屋の周辺には、風力発電機も林立している。
ソーラーパネルが並ぶ日産の英サンダーランド工場。建屋の周辺には、風力発電機も林立している。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事