ホンダが楽天と共同で自動配送サービスの実証実験を開始

2021.07.19 自動車ニュース
ホンダと楽天が開発した自動配送ロボット
ホンダと楽天が開発した自動配送ロボット拡大

本田技術研究所(以下、ホンダ)は2021年7月19日、楽天グループと共同で、国立大学法人筑波大学の構内において、自動配送ロボットの走行実証実験を開始したと発表した。

 
ホンダが楽天と共同で自動配送サービスの実証実験を開始の画像拡大
 
ホンダが楽天と共同で自動配送サービスの実証実験を開始の画像拡大
 
ホンダが楽天と共同で自動配送サービスの実証実験を開始の画像拡大
 
ホンダが楽天と共同で自動配送サービスの実証実験を開始の画像拡大

ホンダは2018年1月のCESにおいて、プラットフォーム型ロボティクスデバイスの社会実装へ向けた取り組みを発表。ロボティクス技術の活用による社会課題の解決へ向け、研究を進めてきた。

ロボットによる自動配送もその取り組みのひとつであり、今回は国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構による支援のもと、ホンダが研究してきたロボティクス技術と楽天の配送サービスのノウハウを活用し、配送ロボットの検証を行うとしている。

実験の期間は2021年7月19日から同年8月31日まで。ロボットは、ホンダが開発した自動配送機能を備えた車台に、楽天の商品配送用ボックスを搭載したもので、筑波大学構内の宿舎周辺と一部公道を含む全長約500mのエリアを自動走行し、配送を行う。電力源にはホンダの交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」を採用しており、充電を待つことなく配送サービスの継続が可能となっている。

この実験を通し、ホンダは自動配送ロボットの機体とシステムの開発や、仕様の検討、および技術の実証を実施。一方楽天は、安全面での対策や、商品配送用ボックスの開発およびサービスの実用化に向けた検討を進めるとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事