「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売

2021.07.20 自動車ニュース
プジョー3008 GT BlueHDiレッドナッパ
プジョー3008 GT BlueHDiレッドナッパ拡大

グループPSAジャパンは2021年7月20日、プジョーのミドルサイズSUV「3008」に特別仕様車「Red Nappa(レッドナッパ)」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「レッドナッパ」発売の画像拡大

今回の特別仕様車は最高出力177PSの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「GT BlueHDi」およびシステム合計出力300PSのプラグインハイブリッドモデル「GTハイブリッド4」がベース。赤いナッパレザーシートとオープンポア仕上げのウッドパネルでコーディネートした特別な仕立ての内装が特徴だ。3008としては初採用となる赤いレザーシートは、プジョーのフラッグシップ「508」の日本デビューを記念した「ファーストエディション」のシートと同じ仕様だという。

さらに、パノラミックサンルーフに加えて、駐車時のステアリング操作を自動化する「パークアシスト」と車両周囲の俯瞰(ふかん)映像を画面に映し出す「360°ビジョン」も装備する。

ボディーカラーは赤いナッパレザーシートと合わせた「パールホワイト」「ペルラネラブラック」の2色を設定。

価格は「GT BlueHDiレッドナッパ」が534万6500円で、「GTハイブリッド4レッドナッパ」が626万0500円。

特別仕様車の発売に合わせて、カタログモデルのGTハイブリッド4にも仕様変更を実施。これまでオプション扱いだったパノラミックサンルーフとパークアシスト、360°カメラが標準装備となり、価格は30万円アップの595万円に変更された(シートはテップレザー/アルカンターラ)。オプション設定されるのはブラックのナッパレザーシート(25万円)のみとなる。

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.18 試乗記 「プジョー3008」のマイナーチェンジに合わせて登場したPHEV「GTハイブリッド4」に試乗。プジョー初のPHEVにして現行ラインナップで唯一の四駆となるその走りを、日常使いを想定したドライブルートで確かめた。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
ホームへ戻る