住友ゴムがパンクによる空気漏れを防ぐ技術を商品化 ドイツ向けのオールシーズンタイヤに導入

2021.07.21 自動車ニュース
トレッド部の裏側に塗られたシーラント剤。
トレッド部の裏側に塗られたシーラント剤。拡大

住友ゴム工業は2021年7月21日、パンクによる空気漏れを防ぐ「CORESEAL(コアシール)」を採用したファルケンのオールシーズンタイヤ「EUROALL SEASON(ユーロオールシーズン)AS210」を、ドイツで発売したと発表した。

 
住友ゴムがパンクによる空気漏れを防ぐ技術を商品化 ドイツ向けのオールシーズンタイヤに導入の画像拡大
ファルケン・ユーロオールシーズンAS210
ファルケン・ユーロオールシーズンAS210拡大

コアシールとは、トレッド部の裏側にシーラント剤(粘着性・粘度のある特殊材料)を塗布することで、タイヤトレッド部の損傷による空気漏れを防ぐ新技術である。

トレッド部の裏側まで貫通する損傷が発生した場合、塗布されたシーラント剤が穴をふさいで空気漏れを防ぐため、空気圧を維持したまま走行が可能となるという。具体的には、直径5mmまでのクギやネジなどの異物について、タイヤに刺さっている状態、およびタイヤから抜けた状態で空気漏れを防止すると説明されている。

ユーロオールシーズンAS210は、この技術を採用した製品の第1弾にあたり、225/50R17 98V XLと235/55R18 104V XLの2サイズがラインナップされている。

(webCG)
 

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事