「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデル登場 装備強化でより安全かつ快適に

2021.07.29 自動車ニュース
メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング
メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年7月29日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデル導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は2021年8月が予定されており、「V220dマルコ・ポーロ ホライゾン」のみ2022年の第1四半期からとなる見込み。

表皮がナッパレザーに変更された「エクスクルーシブシート(2列目)」。カップホルダーやUSBポートなども追加された。
表皮がナッパレザーに変更された「エクスクルーシブシート(2列目)」。カップホルダーやUSBポートなども追加された。拡大

今回の一部改良では予防安全装備や機能装備の強化を図っている。

全車標準装備の安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」には、並列駐車スペースからバックで出る際に、後ろを横切るクルマを検知して注意を促すとともに、必要に応じてブレーキを作動する「リアクロストラフィックアラート」(作動範囲は0-10km/h)を追加した。

オプションの「エクスクルーシブシートパッケージ」に採用されている「エクスクルーシブシート(2列目)」では、シート素材をナッパレザーに変更したほか、カップホルダーとUSBポート、スマートフォン用トレイ、小物入れを追加した。

また、メディアディスプレイでスマートフォンのアプリを使えるスマートフォン連携機能も全車に標準装備としている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • V220d:791万円
  • V220dアバンギャルド ロング:816万円
  • V220dアバンギャルド エクストラロング:841万円
  • V220dマルコ・ポーロ ホライゾン:959万円

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース