「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデル登場 装備強化でより安全かつ快適に

2021.07.29 自動車ニュース
メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング
メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング拡大

メルセデス・ベンツ日本は2021年7月29日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデル導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は2021年8月が予定されており、「V220dマルコ・ポーロ ホライゾン」のみ2022年の第1四半期からとなる見込み。

表皮がナッパレザーに変更された「エクスクルーシブシート(2列目)」。カップホルダーやUSBポートなども追加された。
表皮がナッパレザーに変更された「エクスクルーシブシート(2列目)」。カップホルダーやUSBポートなども追加された。拡大

今回の一部改良では予防安全装備や機能装備の強化を図っている。

全車標準装備の安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」には、並列駐車スペースからバックで出る際に、後ろを横切るクルマを検知して注意を促すとともに、必要に応じてブレーキを作動する「リアクロストラフィックアラート」(作動範囲は0-10km/h)を追加した。

オプションの「エクスクルーシブシートパッケージ」に採用されている「エクスクルーシブシート(2列目)」では、シート素材をナッパレザーに変更したほか、カップホルダーとUSBポート、スマートフォン用トレイ、小物入れを追加した。

また、メディアディスプレイでスマートフォンのアプリを使えるスマートフォン連携機能も全車に標準装備としている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • V220d:791万円
  • V220dアバンギャルド ロング:816万円
  • V220dアバンギャルド エクストラロング:841万円
  • V220dマルコ・ポーロ ホライゾン:959万円

(webCG)

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.8.13 試乗記 注目すべきは最高出力612PSのパワーだけにあらず。48Vのマイルドハイブリッド機構や電子制御スタビライザーなどのハイテクを満載した「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC+」は、洗練された乗り心地とハンドリングも併せ持つハイパフォーマンスSUVに仕上がっていた。
ホームへ戻る