スズキが軽トラック「キャリイ」を一部改良 60周年記念の特別仕様車も設定

2021.08.03 自動車ニュース
スズキ・キャリイ
スズキ・キャリイ拡大

スズキは2021年8月2日、軽トラック「キャリイ」の一部仕様を変更し、同年8月18日に発売すると発表した。

スーパーキャリイ
スーパーキャリイ拡大
キャリイ60周年記念車
キャリイ60周年記念車拡大

今回の変更では、「KCエアコン・パワステ農繁」と特別仕様車「農繁スペシャル」に、悪路走行を支援する「ぬかるみ脱出アシスト(ブレーキLSDコントロール)」や「ヒルホールドコントロール」に加え、強化スプリング(4枚リーフスプリング)を標準装備。また両グレードに3段AT仕様を新設定した。

エクステリアにも手を加えており、「KCエアコン・パワステ」やKCエアコン・パワステ農繁、「スーパーキャリイL」にメッキフロントガーニッシュを採用している。

価格は、キャリイが75万2400円から130万4600円、スーパーキャリイが105万8200円から142万4500円、キャリイ特装車シリーズが125万0700円から228万1400円となっている。

また、特別仕様車として「60周年記念車」を新設定。車名の通り、今年がキャリイシリーズの元祖である「スズライトキャリイFB型」の登場(1961年10月)から60周年にあたることを記念して設定されたもので、キャリイ初となる4段ATが採用されるほか、HIDヘッドランプや強化スプリングが標準装備される。

価格は2WD車が114万7300円、4WD車が129万9100円。

(webCG)

関連キーワード:
キャリイ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ キャリイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スーパーキャリイX(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.6 試乗記 スズキの軽トラック「キャリイ」に、巨大なキャビンを備えたその名も「スーパーキャリイ」が登場。大幅に便利に、快適になった車内空間の“居心地”は? 比喩表現ではない、本当の意味での“プロのツール”の使用感と、乗用車とは全く違う走りの味をリポートする。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
  • BMWが「2シリーズ グランツアラー」の価格を一律50万円値下げ 2021.9.14 自動車ニュース BMWジャパンは2021年9月9日、7人乗りのコンパクトミニバン「BMW 2シリーズ グランツアラー」の車両本体価格を同年10月1日付で改定すると発表した。すべてのグレードにおいて一律50万円の値下げとなる。
  • スズキが「イグニス」の一部仕様を変更 新グレード「ハイブリッドMV」を追加設定 2021.9.7 自動車ニュース スズキは2021年9月7日、小型車「イグニス」の一部仕様を変更し、販売を開始した。今回は新グレード「ハイブリッドMV」を追加設定し、「ハイブリッドMG」「ハイブリッドMF」と合わせた全3グレード展開としている。
  • トヨタが「カローラ アクシオ/フィールダー」を一部改良 予防安全装備を強化 2021.9.6 自動車ニュース トヨタが「カローラ アクシオ/フィールダー」を一部改良。プリクラッシュセーフティーの衝突回避支援機能を、昼間の歩行者も検知可能なものにアップグレードした。また既納の車両についても、追加キットによるソフトウエアのアップグレードを可能にしている。
ホームへ戻る