メルセデス・ベンツEQA250(後編)

2021.08.26 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、メルセデス・ベンツの新型EV「EQA250」に試乗。一般のドライバーでは感じ取れないかもしれない、“ちょっと気になる挙動”についてリポートする。

問題は出口で起きる

メルセデス・ベンツEQAのコーナリングに最初はあまり納得していない様子だった谷口信輝。しかし、少しペースを上げたところ「よく曲がるし、安定しているし、メルセデス・ベンツらしい走りの味が感じられる」とその評価は一変した。ただし、詳しく話を聞いてみると、必ずしももろ手を挙げて称賛できるほど、コーナリング中の挙動が優れていたわけでもなかったらしい。どこに物足りなさを感じたのか。谷口にさらに突っ込んで解説してもらった。
「本当にコーナリングしている最中はいいんです。クルマがロールしたときの粘り感みたいなのもあって、挙動としては安定しています。ただ、コーナーの出口が近づいてステアリングを直進方向に戻したとき、クルマがロール方向にちょっとフワフワっとします。おそらく、この動きはほんのわずかなものなので、一般の方は気づかないかもしれないし、街なかの走りとかには、なんら影響はないと思います。ただし、クルマのプロとして見たとき、この動きはちょっと気持ち悪いですね」

谷口も明言しているとおり、この“フワフワとした動き”はごく小さいので、日常的な走りをしている範囲で言えばなにも支障はないし、一般の方のほとんどは、おそらく気づかないはず。ただ、谷口くらい繊細な感覚の持ち主だとどうしても目についてしまう。この、谷口の微妙な評価を、読者の皆さんにはぜひ、ご理解いただきたいと思う。
「例えば、ウチの奥さんであれば、EQAをものすごく気に入ると思いますよ」

それは、なぜだろうか?
「ウチの奥さんは、大きいクルマを運転するのが苦手。普段は『メルセデスAMG A45』に乗っているんですが、あのサイズが扱いやすいみたいだから、EQAもきっと大丈夫だと思います。そうそう、ウチの奥さんはSUV好きだし、もっと言えばメルセデスが大好き。それに、普段からメルセデスに乗り慣れているので、EQAに乗り換えても操作系で迷うことはないはず。僕が今日、このEQAに乗って帰ったら、きっと奥さんは喜ぶはずですよ」

 
メルセデス・ベンツEQA250(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQA250(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQA250(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQA250(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツEQA250 2021.4.26 画像・写真 メルセデス・ベンツの新型電気自動車(EV)「EQA」を写真で紹介。全長×全幅×全高=4465×1835×1625mmというサイズのSUV型のEVで、内外装にメルセデス・ベンツのEV製品群である「EQ」シリーズに共通する意匠が取り入れられている。
  • メルセデス・ベンツEQA250(前編) 2021.8.19 谷口信輝の新車試乗 メルセデスが新たに提案する、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車(EV)「EQA250」。自他ともに認めるEV好きのレーシングドライバー谷口信輝は、その走りの特徴をどう受け止めたのか?
  • メルセデスが新型電気自動車「EQA」を発売 取り回しのしやすいサイズのSUV型EV 2021.4.26 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本が新型電気自動車(EV)「EQA」を発売。取り回しのしやすいサイズが特徴のSUVタイプのEVで、フロントアクスルに搭載されるモーターで前輪を駆動。バッテリー容量は66.5kWhで、航続距離は422kmとなっている。
  • アウディが価格を改定 2021年10月1日から新価格に 2021.8.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2021年8月26日、同年10月1日に販売車両の価格改定を行うと発表した。今回の価格改定は原材料の価格上昇によるもので、一部モデルについては仕様変更も実施している。
  • メルセデス・ベンツEQA250(後編) 2021.8.26 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、メルセデス・ベンツの新型EV「EQA250」に試乗。一般のドライバーでは感じ取れないかもしれない、“ちょっと気になる挙動”についてリポートする。
ホームへ戻る