ダイハツが「ミラ トコット」を一部改良 全グレードにオートライトを標準装備

2021.09.01 自動車ニュース
ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”
ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”拡大

ダイハツ工業は2021年9月1日、軽乗用車「ミラ トコット」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
ダイハツが「ミラ トコット」を一部改良 全グレードにオートライトを標準装備の画像拡大
 
ダイハツが「ミラ トコット」を一部改良 全グレードにオートライトを標準装備の画像拡大

今回の改良では、全グレードにオートライトを標準装備したほか、ボディーカラーの設定を変更し、新たに「レイクブルーメタリック」を採用した。

またラインナップも整理しており、予防安全・運転支援システム「スマートアシスト」非搭載のエントリーグレード「L」や、中間グレードの「X“SA III”」などを廃止。「L“SA III”」「G“SA III”」の2グレード構成とした。

価格は以下の通り。

  • L“SA III”(FF):116万2700円
  • L“SA III”(4WD):129万4700円
  • G“SA III”(FF):125万4000円
  • G“SA III”(4WD):138万6000円

(webCG)

関連キーワード:
ミラ トコット, ダイハツ, 自動車ニュース