わざわざ「女性向け」って言う必要ある?
「ダイハツ・ミラ トコット」に感じた疑問

2018.06.25 デイリーコラム

チーフエンジニアと製品企画の仁義なき戦い

「チーフエンジニアを説得するのが大変だったんですよ!」
過日の取材でのこと。ダイハツ製品企画部 木村友喜女史はマイク片手に強弁した。何の話かというと、従来モデルからすっかり“イメチェン”を遂げた新型軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」の話だ。

まだトコットが影もカタチもなかった頃、次なる“女性向け軽自動車”を成功させんがために懊悩(おうのう)していた木村女史は「今までの『かわいいクルマ』の延長線じゃダメだ!」と天啓を得た。そしてその旨をチーフエンジニアの中島雅之氏に具申したところ、「ほんなら代案を出してみいや」のヒトコト。木村女史は大いに発奮し、社内のプロジェクトチームを率いて全国津々浦々の販売店やダイハツの新入社員相手にリサーチ&ヒアリングを敢行。従来車種の「ミラ ココア」とは一線を画す、シンプルさが身上のトコットが誕生したというわけだ。

上述の内容については、ちょっとだけ記者の誇張が含まれているものの、大筋は間違っていないはずだ。少なくとも「次期モデルを“新型ミラ ココア”にするか、全く違う新型車にするか」すら決まってなかった段階で、かんかんがくがく・けんけんごうごうあったのは両者の弁から間違いなく、しかも事前資料にはわざわざ「チーフエンジニアやマネージャーたちの持っている、『女性イコール“かわいい”物好き』という従来の固定概念を覆すのは非常に難しいことでした」なんてプロジェクトチームの回顧まで書かれている。ギョーカイの末席を汚して10年になる記者だが、こんな文句をメーカーの配布資料で目にしたのは今回が初。本日のめでたい発表会を機に、中島氏と木村女史が仲直りすることを切に祈るばかりである。

かようにユニークなエピソードを内包しつつ、いよいよ登場したダイハツの新型軽乗用車ミラ トコット。記者はこのクルマについて……否、“女性向け”とうたわれる軽乗用車すべてについて、ひとつ物申したいことがある。

従来の“女性向けモデル”とは一線を画す、シンプルなイメージが特徴の新型軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」。「ゴテゴテ飾らず、素のデザインで勝負」という潔さがいい。
従来の“女性向けモデル”とは一線を画す、シンプルなイメージが特徴の新型軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」。「ゴテゴテ飾らず、素のデザインで勝負」という潔さがいい。拡大
プロジェクトチームのメンバーとしても「ミラ トコット」の企画に携わった、製品企画部の木村友喜さん。
プロジェクトチームのメンバーとしても「ミラ トコット」の企画に携わった、製品企画部の木村友喜さん。拡大
チーフエンジニアの中島雅之氏は、従来モデル「ミラ ココア」の開発を主導した人物でもある。
チーフエンジニアの中島雅之氏は、従来モデル「ミラ ココア」の開発を主導した人物でもある。拡大
ダイハツでは、女性をメインターゲットとした車両を開発するため、女性社員を中心とした社内プロジェクトチームを発足。「ムーヴ キャンバス」の商品企画からリサーチなどに従事させている。
ダイハツでは、女性をメインターゲットとした車両を開発するため、女性社員を中心とした社内プロジェクトチームを発足。「ムーヴ キャンバス」の商品企画からリサーチなどに従事させている。拡大
ダイハツの“女性のためのクルマづくり”の歴史は長い。写真は1999年にデビューした初代「ミラ ジーノ」。「ミラ トコット」のご先祖である。
ダイハツの“女性のためのクルマづくり”の歴史は長い。写真は1999年にデビューした初代「ミラ ジーノ」。「ミラ トコット」のご先祖である。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • ダイハツが「ムーヴ キャンバス」の安全装備を強化 2018.8.20 自動車ニュース ダイハツが軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に一部改良を実施。衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」を全車に採用したほか、ブラックインテリアパックやD assist切り替えステアリングスイッチを標準装備した新グレードを設定した。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
ホームへ戻る