クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

わざわざ「女性向け」って言う必要ある?
「ダイハツ・ミラ トコット」に感じた疑問

2018.06.25 デイリーコラム

チーフエンジニアと製品企画の仁義なき戦い

「チーフエンジニアを説得するのが大変だったんですよ!」
過日の取材でのこと。ダイハツ製品企画部 木村友喜女史はマイク片手に強弁した。何の話かというと、従来モデルからすっかり“イメチェン”を遂げた新型軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」の話だ。

まだトコットが影もカタチもなかった頃、次なる“女性向け軽自動車”を成功させんがために懊悩(おうのう)していた木村女史は「今までの『かわいいクルマ』の延長線じゃダメだ!」と天啓を得た。そしてその旨をチーフエンジニアの中島雅之氏に具申したところ、「ほんなら代案を出してみいや」のヒトコト。木村女史は大いに発奮し、社内のプロジェクトチームを率いて全国津々浦々の販売店やダイハツの新入社員相手にリサーチ&ヒアリングを敢行。従来車種の「ミラ ココア」とは一線を画す、シンプルさが身上のトコットが誕生したというわけだ。

上述の内容については、ちょっとだけ記者の誇張が含まれているものの、大筋は間違っていないはずだ。少なくとも「次期モデルを“新型ミラ ココア”にするか、全く違う新型車にするか」すら決まってなかった段階で、かんかんがくがく・けんけんごうごうあったのは両者の弁から間違いなく、しかも事前資料にはわざわざ「チーフエンジニアやマネージャーたちの持っている、『女性イコール“かわいい”物好き』という従来の固定概念を覆すのは非常に難しいことでした」なんてプロジェクトチームの回顧まで書かれている。ギョーカイの末席を汚して10年になる記者だが、こんな文句をメーカーの配布資料で目にしたのは今回が初。本日のめでたい発表会を機に、中島氏と木村女史が仲直りすることを切に祈るばかりである。

かようにユニークなエピソードを内包しつつ、いよいよ登場したダイハツの新型軽乗用車ミラ トコット。記者はこのクルマについて……否、“女性向け”とうたわれる軽乗用車すべてについて、ひとつ物申したいことがある。

従来の“女性向けモデル”とは一線を画す、シンプルなイメージが特徴の新型軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」。「ゴテゴテ飾らず、素のデザインで勝負」という潔さがいい。
従来の“女性向けモデル”とは一線を画す、シンプルなイメージが特徴の新型軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」。「ゴテゴテ飾らず、素のデザインで勝負」という潔さがいい。拡大
プロジェクトチームのメンバーとしても「ミラ トコット」の企画に携わった、製品企画部の木村友喜さん。
プロジェクトチームのメンバーとしても「ミラ トコット」の企画に携わった、製品企画部の木村友喜さん。拡大
チーフエンジニアの中島雅之氏は、従来モデル「ミラ ココア」の開発を主導した人物でもある。
チーフエンジニアの中島雅之氏は、従来モデル「ミラ ココア」の開発を主導した人物でもある。拡大
ダイハツでは、女性をメインターゲットとした車両を開発するため、女性社員を中心とした社内プロジェクトチームを発足。「ムーヴ キャンバス」の商品企画からリサーチなどに従事させている。
ダイハツでは、女性をメインターゲットとした車両を開発するため、女性社員を中心とした社内プロジェクトチームを発足。「ムーヴ キャンバス」の商品企画からリサーチなどに従事させている。拡大
ダイハツの“女性のためのクルマづくり”の歴史は長い。写真は1999年にデビューした初代「ミラ ジーノ」。「ミラ トコット」のご先祖である。
ダイハツの“女性のためのクルマづくり”の歴史は長い。写真は1999年にデビューした初代「ミラ ジーノ」。「ミラ トコット」のご先祖である。拡大

よく見たら、実はどれもカッコイイ

読者諸兄姉におかれては、あらためてトコットの写真をご覧いただきたい。特にサイドビューに注目。質素だが言い訳がましいところのない、非常にいいスタイリングをしている。今時、ここまで自信満々な2BOXデザインのコンパクトカーは、世界的にもそうはないのではなかろうか? それくらい、いいスタイリングをしている。

トコットだけではない。従来モデルのミラ ココアも、実は変則6ライトの凝ったデザインをしていた。皆さん、街で見かけるミラ ココアの姿を頭に思い浮かべてほしい。そして乙女チックなあざといコーデを消去していただきたい。このクルマがいかにしっかりした基本デザインの持ち主だったかが、わかるはずだ。

極めつけは、ライバル筆頭の「スズキ・アルトラパン」だ。トコットが「フィアット126」の生まれ変わりなら、こっちは4ドアの「850」である (褒めているように聞こえないかもしれませんが、記者としてはいずれも最上級の賛辞です)。

何が言いたいかというと、世の“女性向け”とうたわれる軽乗用車はいずれも、よく見ると非常にいいデザインをしているのだ。しっかりとボンネットがあり、Aピラーが立ち、水平基調のマジメなショルダーラインをしている。それらは「運転のしやすさ」や「見切りのよさ」といった、デザイン以外の要因によってもたらされるものなのだが、結果的にクラシックでしっかりとした、非常に自動車らしいカタチを形成しているのだ。

一方、その他の軽乗用車を見ると、そのほとんどはミニバンの縮小版みたいなナリである。もちろん相応な理由も需要もあってのことなのだが、装飾を取っ払って基本フォルムを比べたら、やはりトコットやココア、ラパンのほうが、はるかに意図のはっきりした線や面をしていると思うのだ。

「ミラ トコット」のサイドビュー。光りものや複雑なプレスラインを廃したデザインは、“面”や“線”によほど自信がないとできない仕事である。
「ミラ トコット」のサイドビュー。光りものや複雑なプレスラインを廃したデザインは、“面”や“線”によほど自信がないとできない仕事である。拡大
先代モデル「ミラ ココア」のサイドビュー。ラウンドしたリアクオーターウィンドウなど、こちらも実は凝ったデザインをしていたのだ。
先代モデル「ミラ ココア」のサイドビュー。ラウンドしたリアクオーターウィンドウなど、こちらも実は凝ったデザインをしていたのだ。拡大
「ミラ トコット」の姿を見たとき、往年のフィアットやルノーのベーシックカーを思い出した人は少なくないはず……。
「ミラ トコット」の姿を見たとき、往年のフィアットやルノーのベーシックカーを思い出した人は少なくないはず……。拡大
強力なライバルである「スズキ・アルトラパン」。本文では「『フィアット850』に似てる!」と述べたが、ほかにもさまざまな懐かしいクルマを想起させるデザインをしている。
強力なライバルである「スズキ・アルトラパン」。本文では「『フィアット850』に似てる!」と述べたが、ほかにもさまざまな懐かしいクルマを想起させるデザインをしている。拡大

男だってオシャレな軽が欲しいんだよ!

で、かようにステキなデザインをまとう女性のための軽乗用車について、記者はなににガッカリしているのかというと、まさに“女性のため”に売られていることそのものにガッカリしているのである。

例えが古くて面目ないが、反町隆史の“男旅カー”「トヨタ・ヴォクシー」に女性が乗っててもおかしくはないが、桐谷美玲に「ワタシのオシャレ低燃費論」なんて開陳された日にゃ、オトコは恥ずかしくてミラ ココアなんか買えないよ。木村女史は先述のヒアリングにおいて、一部の女性から「カワイイ系の軽自動車は、私たちにはムリ!」ときっぱり言われたらしい。男の私からも言わせてください。私たちにもムリ!

だからこそ、ダイハツやスズキには、こうした軽自動車を“女性向け”ではなく売ってほしい。スズキもかつては、アルトラパンにターボ付きのかっ飛びウサギを設定していたではないか。ダイハツも「ムーヴコンテ」で失敗したかもしれないが、ぜひ今一度挑戦して、「女もすなる軽自動車といふものを、男もしてみむとてするなり」と私らに言わせてほしいのだ。

……という質問というかお願いを木村女史に投げかけたところ、「実は私も、(このクルマを)女性向け、女性向けと言うのは好きではありません。トコットなら、オシャレな男性にもきっと『待ってました!』って言ってもらえると思います」と力強くおっしゃっていた。

微妙に質問と回答がねじれの関係っぽくなっていたが、この際細かいことはいいんだよ。取りあえずは今日のよき日に拍手を送りつつ、「トコット ターボTR-XXアヴァンツァートR」とか、「トコットX4」とか、期待しています。

(webCG ほった)
 

悪いクルマじゃないんですけど、こういうイメージで訴求されると、やっぱり男は手を出しにくいんですよ……。
悪いクルマじゃないんですけど、こういうイメージで訴求されると、やっぱり男は手を出しにくいんですよ……。拡大
俳優の反町隆史が“男旅”していた頃の「トヨタ・ヴォクシー」。……男性ターゲットのクルマに女性が乗るのは別に不思議ではないのに、女性向けのクルマを男性が買うのはどうしてここまで胆力がいるのか? 「デザインが気に入ったから」といって「ミラ ココア」とかに乗っている男性は、ある意味とても男気にあふれていると思う。
俳優の反町隆史が“男旅”していた頃の「トヨタ・ヴォクシー」。……男性ターゲットのクルマに女性が乗るのは別に不思議ではないのに、女性向けのクルマを男性が買うのはどうしてここまで胆力がいるのか? 「デザインが気に入ったから」といって「ミラ ココア」とかに乗っている男性は、ある意味とても男気にあふれていると思う。拡大
64psのターボエンジンが搭載された「スズキ・アルトラパンSS」。“女性向け”といってデビューした初代ラパンにも、実はこんなモデルが存在したのだ。(写真=峰 昌宏)
64psのターボエンジンが搭載された「スズキ・アルトラパンSS」。“女性向け”といってデビューした初代ラパンにも、実はこんなモデルが存在したのだ。(写真=峰 昌宏)拡大
2018年の東京オートサロンで、ダイハツブースの展示に血潮が騒いだオッサンは少なくないはず。ダイハツさん、「軽自動車ってユーザーの6割が女性なんですよね」なんて言ってないで、ここはひとつお願いしますよ。
2018年の東京オートサロンで、ダイハツブースの展示に血潮が騒いだオッサンは少なくないはず。ダイハツさん、「軽自動車ってユーザーの6割が女性なんですよね」なんて言ってないで、ここはひとつお願いしますよ。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ダイハツ ミラ トコット の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。