「メルセデス・ベンツSクラス」値上げ 装備についても一部見直し

2021.09.03 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、フラッグシップセダン「メルセデス・ベンツSクラス」の一部装備および価格を変更すると発表した。同年9月配車分より順次適用される。

装備に関する具体的な変更点は、以下の通り。

  • 前方の路面の凹凸をカメラで認識し車体の姿勢をフラットに保つ「Eアクティブボディーコントロール」を「S500 4MATIC」「S500 4MATICロング」に新たにオプション設定。
  • これまでブラック内装の車両にしか装備できなかった「MBUXインテリアアシスタント」をブラック以外の内装色でも選択可能に。
  • アクティブアンビエントライトおよび一部オプション装備の設定を停止。

ラインナップと価格は以下の通り(カッコ内は従来価格)。同社によれば、今回の値上げは原材料費の高騰などに対応した結果とのこと。

  • S400d 4MATIC:1338万円(1293万円)
  • S500 4MATIC:1422万円(1375万円)
  • S400d 4MATICロング:1690万円(1678万円)
  • S500 4MATICロング:1738万円(1724万円)

(webCG)

メルセデス・ベンツS500 4MATICロング
メルセデス・ベンツS500 4MATICロング拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • BMW R nineTスクランブラー(6MT)【レビュー】 2021.10.19 試乗記 エンジンの改良により、厳しい環境規制をクリアした「BMW R nineT」シリーズのなかから、程よいオフロードテイストが魅力の「R nineTスクランブラー」に試乗。その走りからは、これからも空油冷フラットツインの魅力を伝えていきたいというBMWの意思が感じられた。
ホームへ戻る