ホンダが「インテグラ」復活を宣言 果たして勝算は?

2021.09.08 デイリーコラム

国産高級車ブランドの元祖

ホンダファンの間で「インテグラ復活」が話題となっている。2021年8月16日のwebCGのニュース記事にもあるように、ホンダの米国現地法人がアキュラブランドで「インテグラ」を復活させると発表した。同社によると、新型インテグラの復活は2022年で、オリジナルと同じファントゥドライブ精神とDNAをもつ“プレミアムコンパクト”だそうだ。

ご承知の向きも多いように、アキュラとはホンダが海外で展開する高級車専業ブランドで、現在はアメリカ合衆国とカナダ、メキシコ、中国、クウェートなどで展開している。ただ、実際の販売は年間15~17万台を売り上げる合衆国が圧倒的なメインマーケットで、それにカナダも含めた北米だけで全販売台数の9割を占める。クルマの開発拠点も北米だ。

アキュラは1986年に合衆国でスタートした。そもそものキッカケは、1981年に導入された対米自動車輸出の自主規制にある。1970年代の石油ショック以降、ホンダの初代「シビック」など日本車の“売れすぎ”に業を煮やした合衆国政府と当時のビッグスリーは露骨な“ジャパンバッシング”を展開。日本は対米自動車輸出台数の自主規制に追い込まれた。いわゆる日米自動車摩擦である。

これを機に日本メーカーはそろってアメリカ現地生産に乗り出す。いっぽうで、日本からの輸出は台数そのものが制限されるので、一台あたりの利益率の高い高付加価値商品にする必要があり、国産メーカーは次々とアメリカ向け高級車の開発に乗り出した。トヨタのレクサスや日産のインフィニティも同様だが、これらのスタートは1989年だった。それよりひと足早かったアキュラこそが国産高級車ブランドの元祖ということもできる。

アメリカン・ホンダモーターが公開した新型「インテグラ」のティーザー画像。
アメリカン・ホンダモーターが公開した新型「インテグラ」のティーザー画像。拡大
ホンダ インテグラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 世界中で愛される“市民のクルマ” 新型「ホンダ・シビック」がこの姿で登場した理由 2021.8.13 デイリーコラム ホンダ車のなかで最長の歴史を誇り、今や世界的な人気モデルとなっている「ホンダ・シビック」。日本での賛否両論を承知しながら、ホンダがこのコンセプトで、この価格で11代目となる新型を世に問うた理由とは? 今日におけるシビックのポジションから読み解く。
  • 新型ホンダ・シビック(その1) 2021.8.5 画像・写真 世界中で活躍するホンダのグローバルモデル「シビック」がいよいよフルモデルチェンジ。11代目となる新型は、日本では「EX」と「LX」の2グレード構成で販売される。両モデルの気になる内外装デザインを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックLXプロトタイプ(FF/6MT)/シビックEXプロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.8 試乗記 フルモデルチェンジで11代目となった、ホンダのビッグネーム「シビック」に試乗。“爽快CIVIC”をコンセプトに掲げる新型は、素性の良さがしっかりと感じられる、洗練度の高い一台に仕上がっていた。
  • 新型ホンダ・シビック(その2) 2021.8.5 画像・写真 11代目となる新型にモデルチェンジした「ホンダ・シビック」。従来型からの進化のポイントは、走りや装備だけではない。操作感も考慮し、大幅に質感を向上させたという各部のディテールを、上級グレード「EX」の6段MT仕様で紹介する。
  • 新型ホンダ・シビックLX/シビックLX ホンダアクセス用品装着車 2021.6.24 画像・写真 いよいよ世界初公開された新型「ホンダ・シビック」のハッチバックモデルには、今や貴重な“3ペダル仕様”も用意されている。6段MTを搭載した「シビックLX」を、ホンダアクセスの用品装着車とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る