MTは当面お預け!? 新型「スバルWRX」の国内仕様を読み解く

2021.09.29 デイリーコラム

オフロード風コスメの新型

去る2021年9月10日に世界初公開された新型「スバルWRX」(の北米仕様)に対しては、日本のスバリスト間でも賛否両面で沸騰しているようだ。それはともかく、こんな純内燃機関の高性能スポーツサルーンは今や絶滅危惧種であり、こうして新型が出てくれるだけでも、涙が出るほどありがたい話ではある。

北米での新型WRXの発売時期は2022年初頭と発表された。ネットかいわいの情報を総合すると、日本発売もそれに大きく遅れることはなさそうだ。というわけで、判明している北米仕様の情報をもとに、来るべき日本仕様の新型WRXの姿を勝手に予想してみた。

それにしても、公開された新型WRXの姿が、サイドシルやホイールアーチをブラックアウトしたSUV仕立てだったことに驚かされたスバリストも多いだろう。スバルは現在、北米で人気のラリークロスに従来型「WRX STI」で参戦しており、かの有名なケン・ブロック選手も、今シーズンはスバルでバハ1000や国内ラリーに参戦する。これらも新型WRXのプロモーションの一環とすれば、今回のオフロード風コスメも理屈としてはアリというほかない。

ただ、ブラックアウトされたホイールアーチはそもそも2017年の東京モーターショーで公開された新型WRXのスタディーとおぼしき「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」から、その後のコンセプトカーにも受け継がれてきたディテールである。日本市場の嗜好を考えると、国内仕様は少なくともサイドシルが同色化されるかもしれないが、ホイールアーチをどう処理するかはちょっと興味深い。

北米で発表された新型「スバルWRX」。1992年の「インプレッサWRX」から数えて第4世代にあたる。
北米で発表された新型「スバルWRX」。1992年の「インプレッサWRX」から数えて第4世代にあたる。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=183.8×71.9×57.8インチ(4669×1826×1468mm)。先代の国内向けと比べると全長が約70mm大きくなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=183.8×71.9×57.8インチ(4669×1826×1468mm)。先代の国内向けと比べると全長が約70mm大きくなっている。拡大
ホイールハウスのまわりやバンパーの下部がマットブラックで仕立てられている。
ホイールハウスのまわりやバンパーの下部がマットブラックで仕立てられている。拡大
スバル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MTは当面お預け!? 新型「スバルWRX」の国内仕様を読み解く 2021.9.29 デイリーコラム 2021年9月10日に北米で発表された新型「スバルWRX」は2.4リッターのターボエンジンを搭載しているが、国内向けは一体どのような仕様になるのだろうか。「レヴォーグ」と同じ1.8リッターを積むという声も聞こえてくるが、果たして……。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
ホームへ戻る