「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデル

2021.10.07 自動車ニュース
日産ノートAUTECHクロスオーバー
日産ノートAUTECHクロスオーバー拡大

日産自動車と、同社の特装車などを手がけるオーテックジャパンは2021年10月7日、新型車「ノートAUTECHクロスオーバー」を発表。同日、販売を開始した。

 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大
 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大
 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大
 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大
 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大
 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大
 
「日産ノートAUTECHクロスオーバー」発売 SUVライクな「日産ノート」の派生モデルの画像拡大

ノートAUTECHクロスオーバーは、日産のコンパクトカー「ノート」をベースに、AUTECHブランドのコンセプトである「プレミアムスポーティー」と、SUVの機能・スタイルを融合させたというコンパクトクロスオーバーモデル。

エクステリアは、ドットパターンのフロントグリルやブルーに輝くシグネチャーLED、メタル調フィニッシュのドアミラーなどでドレスアップ。切削光輝加工を施した16インチアルミホイールやホイールアーチガーニッシュ、サイドシルプロテクター、ルーフモールを装着することで、SUVらしいイメージも演出されている。

専用サスペンションや、ベースモデルより外径の大きなタイヤを採用することで最低地上高を25mmアップ。スプリングやショックアブソーバー、パワーステアリングに専用のチューニングを施すことで、不整地や雪道などへの対応力を向上させつつ、ロングドライブやワインディングロードの走行などさまざまな場面において、スポーティーさや安定感が感じられる走りを実現したとアピールされる。

インテリアはレザレットのシート地や、木目が特徴的な高級材である紫檀(シタン)の柄のインストゥルメントパネルを採用しつつ、全体をブラック基調とし、機能的な雰囲気を演出した。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • AUTECH専用エクステリア(フロントグリル、グリルフィニッシャー<ダーククローム> )
  • AUTECHクロスオーバー専用エクステリア(ホイールアーチガーニッシュ、サイドシルプロテクター、ルーフモール、「AUTECH CROSSOVER」エンブレム<フロントおよびリア>)
  • 専用シグネチャーLED
  • 専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • 専用16インチアルミホイール(切削光輝)&195/60R16 89Hタイヤ
  • 専用チューニングサスペンション
  • 専用チューニング車速感応式電動パワーステアリング
  • LEDヘッドランプ+アダプティブLEDヘッドライトシステム+LEDフォグランプ
  • AUTECH専用インテリア(ダークウッド調フィニッシャー<インストロア>、ブルーステッチ入り合皮アームレスト<フロントセンターおよびフロントドア>>、ブルーステッチ入りフロントセンターアームレスト<センターコンソールボックス>、リアセンターアームレスト<カップホルダー2個付き>)
  • AUTECHクロスオーバー専用インテリア(ブラックレザレットシート<ブルーステッチおよび「AUTECH CROSSOVER」刺しゅう入り> )
  • 専用ブラック本革巻きステアリングホイール(ブルーステッチ入り)
  • 「AUTECH」エンブレム(センターコンソール)

ラインナップと価格は以下の通り。ボディーカラーは、「オーロラフレアブルーパール」に「スーパーブラック」のルーフを組み合わせた2トーンカラーを含む、全8種類が用意される。

  • ノートAUTECHクロスオーバー:253万7700円
  • ノートAUTECHクロスオーバーFOUR:279万6200円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース