「ロータス・エミーラ」が日本上陸 まずは装備充実の特別仕様車「ファーストエディション」から

2021.10.29 自動車ニュース
ロータス・エミーラV6ファーストエディション
ロータス・エミーラV6ファーストエディション拡大

ロータスの日本正規輸入元であるエルシーアイは2021年10月29日、「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」の国内導入を発表し、受注を開始した。

 
「ロータス・エミーラ」が日本上陸 まずは装備充実の特別仕様車「ファーストエディション」からの画像拡大
 
「ロータス・エミーラ」が日本上陸 まずは装備充実の特別仕様車「ファーストエディション」からの画像拡大
 
「ロータス・エミーラ」が日本上陸 まずは装備充実の特別仕様車「ファーストエディション」からの画像拡大
 
「ロータス・エミーラ」が日本上陸 まずは装備充実の特別仕様車「ファーストエディション」からの画像拡大
 
「ロータス・エミーラ」が日本上陸 まずは装備充実の特別仕様車「ファーストエディション」からの画像拡大
「エミーラV6ファーストエディション」のコンフィギュレーターが更新されており、自分好みの仕様に変更できる。
「エミーラV6ファーストエディション」のコンフィギュレーターが更新されており、自分好みの仕様に変更できる。拡大
オプション装備満載の「エミーラV6ファーストエディション」だが、さらにオプションを加えることも可能だ。
オプション装備満載の「エミーラV6ファーストエディション」だが、さらにオプションを加えることも可能だ。拡大

最初のクルマはスペシャルな一台に

エミーラはロータスの新世代モデルの第1弾となるミドシップスポーツカーだ。今回のV6ファーストエディションはエミーラの国内初導入を記念した特別仕様車であり、最高出力405PSの3.5リッターV6スーパーチャージャー付きエンジン搭載車がベース。ロータスカーズのマット・ウィンドル マネージングディレクターが「エミーラは私たちがこれまでにつくったなかで最も完成度の高いロータスであり、当初から強いご要望を頂いておりましたお客さまのためにも、最初のクルマはスペシャルな一台にしたいと考えました。仕様装備はわれわれのデザインチームが慎重に選択しました」と語るスペシャルモデルだ。トランスミッションはスポーツレシオの6段MTが標準で、シフトパドル付きの6段ATも選択できる(オプション)。

ボディーカラーは「セネカブルー」「マグマレッド」「へセルイエロー」「ダークバーダント」「シャドーグレー」「ニンバスグレー」の全6種類。前後のLEDランプやチタニウムエキゾーストテールパイプフィニッシャーなどに加えて「ローワーブラックパック」を標準装備しており、エアブレードやフロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザーがブラックで仕立てられる。足まわりには「ロータスデザインパック」の一部である20インチ超軽量Vスポーク鍛造ダイヤモンドカットアロイホイールを採用。2ピースのハイパフォーマンスブレーキディスクと「LOTUS」ネーム入りブレーキキャリパーも装備する。

インテリアのトリムとシートの組み合わせは「ブラックナッパレザー×グレーコントラストステッチ」「ブラックアルカンターラ×グレーコントラストステッチ」など全7種類で、どれをチョイスしても追加料金はかからない。トリムフィニッシュはサテンクローム、アンビエントライトはホワイトとなっており、「LOTUS」ネーム入りのシルキックプレートもあしらわれる。シートは12ウェイの電動調整機構と2つのプリセットメモリー機能が標準で、3段階調節が可能なヒーターも内蔵。クルーズコントロールやキーレススタート、ドライブモードセレクター(ツアー/スポーツ/トラック/ESCオフ)に加えて、「Apple Carplay」「Android Auto」に対応した英KEFの10チャンネルプレミアムサウンドシステム(340W)も装備する。

さらに「ロータスドライバーズパック」の採用によって、サスペンションとタイヤの組み合わせは「ツアーサス×グッドイヤー・イーグルF1スーパースポーツLTS(ロード)」「スポーツサス×グッドイヤー・イーグルF1スーパースポーツLTS(ロード)」「スポーツサス×ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2 LTS(トラック)」の3種類から選択できる。また、プライバシーティントガラス(リア3クオーターウィンドウ、リアウインドスクリーン)とスポーツアルミペダルパッド(ラバーインサート入り)、ブラックアルカンターラインテリアヘッドライニング、ブレーキキャリパーカラー選択(ブラック、レッド、イエロー、シルバー)からなる「ロータスデザインパック」と、フロントパーキングセンサーやリアリバースカメラ、雨感知ワイパー+エアロブレード、自動調光バックミラー&ドアミラー、ストレージネット(リアラゲッジコンパートメント、助手席フットウェル)からなる「コンビニエンスパック」も装備する。

ロータス・エミーラV6ファーストエディションの価格は1353万円。2022年の春以降に生産が始まる予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
エミーラ, ロータス, 自動車ニュース